日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続 天下泰平
ゾクテンカタイヘイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年02月20日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
79分  

スタッフ・キャスト共、大略前篇と同じであるが、シナリオは西島大と龍野敏の共同執筆に変り、キャストには幾らか新たな役が登場した。

スタッフ

脚本
西島大龍野敏

ストーリー

立春大吉が東洋電気を追い出されてから一年の月日が流れた。会社では岡崎の計画が着々と進行し、発言権を強めるための増資も行われた。それを知った大吉は、この一年間、東洋電機の株を買占めて岡崎一派の退陣を要求しようと考え、大阪でヤミ商売を続けて資金を稼いでいた。彼の許へ聖子が訪ねて来て会社の近況を細々と語ったので大吉は早速杉村を訪問して協力を要請した。協力を約束した杉村は、杉村商事を根城にして東洋電機の株買占めに乗り出した。そこへ由比子がやって来て、毎日大吉と顔を合わせていたいので、杉村にうまく取り入って杉村商事の女事務員に居坐ってしまった。パーティで由比子と仲良く踊る大吉に、聖子の視線は走った。扨、大吉は大いに東洋電機の株を買占め、遂に六十万株に達したが、資金涸渇と株価値上りに困惑し、遂に由比子の父である東洋電機の大株主竜之助に紹介してもらった。彼は大吉のために岡崎追放に力を添えることを約束した。一方、聖子は大吉が由比子と親しいものと信じ、諦めて杉村と婚約してしまった。暫く立って東洋電機では、大吉が夢に描いた再出発祝賀会が行われ、新社長杉村の挨拶に満場は拍手で充たされた。由比子も涙をたたえた大吉を見上げ、「やっと天下泰平ね」とささやきかけるのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。