日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

浪曲天狗道場
ロウキョクテングドウジョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月22日 
製作会社
大映東京 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
55分  

ラジオの番組をもとにした「浮かれ狐千本桜」の八住利雄の脚本を、「こんな奥様見たことない」と同じく仲木繁夫が監督に、宗川信夫が撮影に当る。主演は「火の女」の北原義郎と「螢の光」の矢島ひろ子。

スタッフ

製作
藤井朝太
企画
中代富士男
脚本
八住利雄
監督
仲木繁夫
撮影
宗川信夫
音楽
浅井挙曄
美術
佐藤忠男
照明
米山勇
録音
三枝康徐

ストーリー

寿司やの主人長五郎は大の浪曲好きだが、ラジオの浪曲天狗道場に一回も合格しない。彼の娘静子に惚れた質屋の若旦那芳三に、長五郎は天狗道場に入門を許され、初段に合格したら娘を嫁にやると約束する。喜んだ芳三は浪曲物真似前田勝之助について稽古を始める。だが静子には楽器屋の店員で徹という恋人があった。然し徹は大の浪曲嫌いなので、長五郎は烈火の如く怒り、二人の恋は難行する。芳三は道場の入門は許されたが初段には落ちる。次にラジオから聞えたのは徹の声で、見事初段に合格した。彼は恋の為に秘かに練習したのだ。かくて二人は結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。