日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

美男お小姓 人斬り彦斎
ビナンオコショウヒトキリヒコセイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月02日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
My Sword is Sharp  
上映時間
93分  

今東光の原作から「からたちの花」と同じく八住和雄が脚色し、佐伯清が監督に当る。撮影は永塚一栄が担当する。「快盗三人吉三」の歌舞伎俳優中村扇雀が主演し、「喧嘩鴉」の山根寿子、「江戸の夕映」の夏川静江、「平手造酒(1954)」の南寿美子、「お月様には悪いけど」の山村聡、そのほか竜崎一郎、轟夕起子、高田稔、山形勲らが出演する。

スタッフ

製作
岩井金男
原作
今東光
脚本
八住利雄
監督
佐伯清
撮影
永塚一栄
美術
小池一美
録音
八木多木之助
照明
河野愛三
時代考証
岩田専太郎

ストーリー

文久年間、細川藩の若侍河上彦斎は人斬り彦斎として幕府側に恐れられる刺客であった。祇園の芸者小雪は彼の許婚昌子に似ていたが、彦斎は人を斬った苦しみを小雪への愛情で慰めようとした。彼は以前から佐久間象山を尊敬していたが、象山が公武合体論の立役者と目されるに至ると、先輩前田や小雪の制止も聞かず象山を斬った。それ以来彼は悪夢に苦悩する身となった。象山の息慶之助は仇討のため新選組に入隊したが、芸者菊栄になじみ仇討を忘れていた。彦斎は長州の奇兵隊に加って闘ったが、次第に自分の行為に悩み、象山の墓前にひれふし慶之助に斬られようとしたが、慶之助の不甲斐なさから斬られる事もなく、再び小雪との愛欲に溺れる。ある日、彦斎は昌子の兄、佐々と同行で三条大橋を通る時、新選組の近藤と土方、沖田の三人に出会った。凄じい殺気。だがさすがの新選組も手が出ず、黙ってすれ違った。然し新選組に狙われ、そのため小雪の体が危くなることを恐れ、彼は旅に出ようとした。暁の加茂河原で、彦斎の鋭い居合い抜きの声が聞えた。それは人斬り彦斎と恐れられた彼自身を斬りすてる声だった。刀を河中に投げすてた彼の頬に涙が光っていた。やがて徳川幕府は倒れ、勤王の志士に凱歌は上ったが、ひとり彦斎は誰にも知られず何処かへ姿を消した。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。