日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

初笑い底抜け旅日記
ハツワライソコヌケタビニッキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年01月03日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「喧嘩駕篭」の高木恒穂が、「男性NO.1」(監督)の山本嘉次郎と共同で脚本を書き、「新鞍馬天狗 第二話 東寺の決闘」と同じく青柳信雄が監督に、山崎一雄が撮影に当った。主なる出演者は「花嫁立候補(1955)」の榎本健一、柳家金語楼、トニー谷、エノケンの長男榎本雅夫、歌手柳川真一、宝塚の竹屋みゆきのほか、旭輝子、如月寛多、沢村いき雄らのコメディアン、「新鞍馬天狗 第二話 東寺の決闘」の小堀明男など。

スタッフ

製作
清川峰輔
脚本
高木恒穂山本嘉次郎
監督
青柳信雄
撮影
山崎一雄
音楽
三木鶏郎
美術
北猛夫小川一夫
照明
大沼正喜
録音
宮崎正信

ストーリー

黄門様は町人姿に身をかえて漫遊の予備知識を得るため、風来坊の金太を掴えて講義を聞いた。金太は相手の身分を知らず、いい気になって教えてやる。数日後彼は田舎の競馬場でデンスケ賭博を開帳したが、二人姉妹の鳥追い、実は女スリに負けて有金を捲上げられた。無一文の彼は辻堂で一夜を明かし、そこで親の仇を探す前髪姿の熊太郎と知合いになる。お稲荷様に供えた油揚を食べて百姓に追われた二人は、危い所を三度笠の男天狗の次郎吉に救われる。川の渡船場で黄門主従、金太に熊太郎、お銀にオナミの三組が顔を合せ、お銀は黄門の財布をスッたが、助さんに見つかり周章てて金太の傘に入れた。何も知らない金太は、その金を地蔵様の贈物だと喜んで、熊太郎と一緒に料亭で大豪遊。だがお銀は後をつけ財布と一緒に熊太郎の仇討赦免状も抜きとり、赦免状は捨ててしまった。黄門主従は一文無しで止むなく料亭で下男働きをしていたが、赦免状を拾う。土地の悪代官はオナミに言寄るが、彼女は金太の人柄に惚れ、お銀から財布を取帰してやる。天狗の次郎吉は牛松の用心棒鹿田が熊太郎の仇である返を知り、助太刀して見事に仇を討たせる。最後に黄門の身分も知れ、金太は改めて財布を下しおかれ風来坊の一人旅。だがふと気がつけば又も財布がない。金太を離したくないオナミの仕業だ。金太は廻れ右してオナミのもとへ駆けつけた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。