日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

心に花の咲く日まで
ココロニハナノサクヒマデ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1955年04月14日 
製作会社
文学座 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
109分  

「にごりえ」に続く文学座の第二作で「晩菊」の田中澄江の戯曲「ほたるの光」「赤いざくろ」をもとに作者自身と「警察日記」の井手俊郎が脚本を書き佐分利信が「叛乱」以来久しぶりに監督に当る。撮影は「放浪記(1954)」の藤井静。出演者は「にごりえ」にも出演した「おとこ大学 新婚教室」の淡島千景の他に芥川比呂志、杉村春子、丹阿彌谷津子、長岡輝子、文野朋子、宮口精二、仲谷昇、三津田健など文学座が総出演する。

スタッフ

製作
文学座
企画
吉田千恵子
原作
田中澄江
脚本
田中澄江井手俊郎
監督
佐分利信
撮影
藤井静
美術
松山崇
照明
山下馨
録音
中野倫治

ストーリー

都営住宅に住む笹山三吉は半年前に失職して以来赤ん坊のお守とレコードを聴くのが日課で妻のすず子がミシン踏みで家計を支えている。壁をへだてた隣の森下は夫の許を飛び出して年下の美青年志野と同棲している中年の美人で、毎日愚痴を云いに来る。すず子の友人原はお妾商売のインテリで三吉夫婦に贈物をするのが好きである。原はすず子を家政婦に世話したいと云ったが三吉は妻に話さなかった。すず子は仕立て物を持って実家へ行き、ついでに必要なお金を貰おうと思ったが、失業中の弟良の愚痴を云う母や出戻りのけちん坊の姉たか子には金の事は云いだせなかった。森下は今日も留守番の三吉に身の上話をしては泣いていた。すず子は顔さえ見ればお世辞ばかり云う志野が嫌いだった。原の手紙で家政婦の事を知り、すず子は三吉が隠していたのを怒ったが内心彼の心づかいを喜んだ。すず子は急性盲腸炎になり入院した。三吉は新聞社に職をみつけた。たか子は入院費と引きかえにその仕事を良に譲る様に頼んだが、三吉が金をこしらえると云うのですず子は断った。退院して家へ帰ると、ミシンを残して家具は皆売払ってあり、その上三吉は良に職を譲って了っていた。森下は志野と別れて田舎へ帰ると云うので、三吉夫婦は家財を売った金で餞別を贈った。しかし二人はほがらかに良にもらった切符で音楽会に行った。その留守宅には旧師向坂先生の処に就職口があるとの報せが待っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。