日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

君に誓いし
キミニチカイシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月22日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

『平凡』連載の原作を、「青春ロマンスシート 青草に坐す」の沢村勉が脚色し「おとこ大学 婚前教育の巻」の田畠恒男が監督する。撮影は「青春ロマンスシート 青草に坐す」の厚田雄春の担当。出演者は「おとこ大学 婚前教育の巻」の高橋貞二、「風立ちぬ(1954)」の石浜朗、「伝七捕物帖 刺青女難」の月丘夢路、「若旦那と踊子」の三橋達也、「青春前期」の野添ひとみ、「黒い罌粟」の小林トシ子の他、水原真知子、柳永二郎、坂本武、市川春代、吉川満子、小林十九二など。

スタッフ

製作
長島豊次郎
原作
小糸のぶ
脚本
沢村勉
監督
田畠恒男
撮影
厚田雄春
音楽
万城目正
美術
脇田世根一
照明
高下逸男
録音
熊谷宏

ストーリー

貧乏画家高柳謙介は、弟省二と一緒に白石伸江の家に下宿していた。謙介は親友矢田邦彦の会社に勤めることになったが、その時邦彦の妹加奈子が彼に好意を見せ、彼女の担当している宣伝部に働くことになった。加奈子は謙介が、ファッション・モデルの伸江の家に下宿していることを知り、伸江に対し烈しい嫉妬と敵愾心を持った。伸江の家の近くに住む水沢ひとみは、謙介の弟省二に困っている時助けられ、彼に対し淡い思慕を抱く様になった。ひとみは病床の母から、死んだといった父は織物会社の社長矢田貞良だと聞かされた。ひとみは風間八重に連れられて矢田邸へ行ったが、貞良は不在で取りあってくれなかった。母の死後ひとみはファッション・モデルになった。省二は大学の入試に失敗し、不良仲間に入っていた。しかしひとみの清純な魂に動かされ、更生を誓うが、ひとみと邦彦が親しげなのを見て心がくずれかけた。省二がアルバイト先の金を失くした時、伸江はひとみが邦彦に借りていた真珠の首飾を盗み金にして省二に届けた。伸江はこのことを苦にして、自殺を計ったが助けられた。伸江の謙介に対する深い愛情を知った加奈子は、彼をあきらめた。貞良は始めひとみの父である事を否定したが、大阪でひとみと会うと、それを認めた。加奈子がデザイン研究にフランスへ行く日、飛行場にはひとみと省二の明るい顔が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/03/27]

映画情報を49件更新しました。

[2020/03/26]

映画情報を38件更新しました。

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。