日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

人生劇場 望郷篇 三州吉良港
ジンセイゲキジョウボウキョウヘンサンシュウキラコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月14日 
製作会社
東映東京 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
107分  

尾崎士郎原作の『人生劇場』戦後篇で、脚本は岡本功司、監督は「黄金街の覇者」の萩原遼、撮影は「懐しのメロディー」の永塚一栄。出演者は「どぶ」の宇野重吉、「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の佐野周二と久慈あさみ、「二挺拳銃の龍」の宇佐美諄、「芸者秀駒」の利根はる恵、「黄金街の覇者」の堀雄二に小沢栄、月形哲之介、折原啓子、田代百合子、高木二朗、長谷川菊子など。

スタッフ

企画
マキノ光雄柴田万三加藤邁
原作
尾崎士郎
脚本
岡本功司
監督
萩原遼
撮影
永塚一栄
音楽
伊福部昭
美術
森幹男
照明
伊藤銈市
録音
大谷政信

ストーリー

昭和二十一年、青成瓢吉の故郷三州吉良港には、昔の仁侠の気ッ腑は失われていた。吉良常は亡く、足助一家も無いに等しくYS連盟が、暴利を漁り、暴力を握っていた。八幡宮の祭の日、村娘加代を谷口、赤井、満川達が連盟の暴力から救った事から、不良勢力に対する抗争が起った。谷口が叩きのめされたので、赤井と満川が連盟員を不意討ちした。怒った連盟に対し、赤井等は呑み込みの半助の知恵で足助親分の助けを求めた。連盟は足助一家に果し状を送った。足助一家は飛車角の弟分で、おとよとの恋のために国を去った宮川が帰って来たのを頼りに、起ち上ったが、連盟がそれを暴力主義として警察に訴えた為に、苦境に追い込まれた。宮川は浅草の侠宮立川半兵衛に助けを求め、二人は瓢吉を尋ねた。足助一家は吉良の仁吉の比翼塚を建てるために勢揃いした、という口実を裏づける為に、瓢吉は吉良へ行った。しかし、村民が比翼塚建立に反対したので、足助一家の情勢は好転しなかった。宮川は止めるおとよの手を振り切って、一人で連盟本部へ行き、首領木戸と対決した。命を賭けた宮川の努力の下に連盟は破れ去った。半兵衛の熱意に動かされた村民の後援で、比翼塚建立式が開かれた。吉良を愛する瓢吉、足助、半助、谷口、加代達の後に立つ宮川とおとよの手が固く結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。