日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

八百屋お七 ふり袖月夜
ヤオヤオシチフリソデヅキヨ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年09月07日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

樋口大祐と旗一兵の原作を「彌次喜多 東海道の巻 高野山詣での巻 木曽街道の巻」の舟橋和郎が脚色し、「妖異忠臣蔵」の松田定次が監督する。撮影は「妖異忠臣蔵」の川崎新太郎。出演者は「唄しぐれ おしどり若衆」のコンビ美空ひばり、中村錦之助に、「彌次喜多 東海道の巻 高野山詣での巻 木曽街道の巻」の大泉滉、「鳴門秘帖 後編(1954)」の堺駿二、「螢草」の市川春代、小杉勇、永田靖など。

スタッフ

企画
福島通人
原作
樋口大裕旗一兵
脚本
舟橋和郎
監督
松田定次
撮影
川崎新太郎
音楽
万城目正
美術
桂長四郎
照明
中山治雄
録音
佐々木稔郎

ストーリー

明暦の大火のあと、八百屋久兵衛は娘お七、手代豆松と駒込の吉祥寺へ避難した。吉祥寺には、町方奉行所の与力生田左門の弟、吉三郎が預けられていた。お七と吉三郎は愛し合うようになったが、お七には上州屋の一人息子千太郎が想を寄せていた。上州屋は、奉行所の筆頭与力拓植十太夫の権力を借り、無頼漢湯島の竹を手先に使っていたが、金でお七を嫁に迎えようとした。お七は吉三郎に相談の手紙を書くが、とどかず返事が来ないので、父を助けるために千太郎と結婚する決心をした。吉三郎は兄左門を援けて、上州屋の様子を探り、またお七と再会する機会を求めていた。吉三郎は竹に脅喝されている料亭酔月の女将お千代をたすけた。お千代はお七の母で、お七のために店を売って上州屋に借金を返し、昔の暮しに戻ろうと久兵衛に相談した。お七は、大火は上州屋が拓植十太夫と組んで金儲けの為に竹に放火させたのだという秘密を聴き、逃げようとするが竹に捕えられ土蔵に監禁された。一方、左門、吉三郎達の上州屋内偵は着々と進み、上州屋は発覚を怖れ、確証を握るお七を手馴づけようと千太郎を唆かし、お七に挑ませる。お七の身に危機が迫った時、内偵のために上州屋に忍び込んでいた吉三郎が現われ、吉三郎の働きと、彼を助けようと火の見櫓に上ったお七が打つ半鐘の音で駈けつけた左門達の助けで上州屋一味は捕えられ、お七と吉三郎は結ばれた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。