日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旗本退屈男 謎の百万両
ハタモトタイクツオトコナゾノヒャクマンリョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年08月31日 
製作会社
東映京都 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
95分  

佐々木味津三の原作を「一本刀土俵入(1954)」の鈴木兵吾が脚色同じく佐々木康が監督する。撮影は「恋しぐれ 浅間の火祭」の三木滋人、音楽は「伝七捕物帖 刺青女難」の万城目正。出演者は「妖異忠臣蔵」の市川右太衛門、「女の暦」の轟夕起子、「恋しぐれ 浅間の火祭」の田代百合子、「放浪記(1954)」の星美智子、「関八州勢揃い」の澤村國太郎などである。

スタッフ

企画
西原孝
原作
佐々木味津三
脚本
鈴木兵吾
監督
佐々木康
撮影
三木滋人
音楽
万城目正
美術
鈴木孝俊
照明
山根秀一
録音
東城絹児郎

ストーリー

天下御免の三日月疵で有名な旗本退屈男、早乙女の殿さまはぶらりと江戸を発ち気まぐれの旅を上州街道へとやって来た。その主水の後になり先になりからんでくるのは、お色気たっぷりのお妻である。折柄、越後加納藩水久保甲斐守の家老山之部外記の一行がお国帰りの道中を、短銃で狙って仕損じた角兵衛獅子の姉弟田崎三穂と辰馬の二人を主水が救った。姉弟の父親は加納藩の家老であったが、お家乗っ取りを計る外記に暗殺され、而も城主甲斐守まで彼に毒薬を盛られ不具の身となっていたのだ。主水はこの姉弟を連れて越後へ乗りこむことにしたが、仇っぽいお妻は実は老中松平信濃守の秘命をうけて越後へ赴く幕府の女隠密だった。主水は道中師空ッ風の文吉を手なづけ、彼は得意の忍びにモノを云わせて外記一行の動静を探っていたが、或る日ふとした油断から三穂は外記の手に捕われた。越後に入った主水は、外記一行が佐渡の別荘に入ったとお妻から聞き、妨害の手を除けて城中へ乗りこんだ。その頃外記は美貌の冬姫を我がものとし、而も水久保家に伝わる宝石塔の黄金を手に入れようと、力づくで冬姫を汚そうとしていたが、折りよく忍びこんだ文吉の機転で冬姫は救われた。主水は翌晩月の出に宝石塔の鍵を外記に渡すようにと冬姫に策を授けた。その当夜、外記は冬姫の案内で宝石塔へやって来たが、待ち伏せした主水は三穂と辰馬の姉弟に首尾よく彼を討ちとらせた。三日月疵の腕の冴え、主水は苦戦する文吉やお妻を助け、城中の者を鮮かに斬り倒すのだった。その翌朝、別れを惜しむ人々に送られて、退屈男の殿さまは再びあてもない旅に出た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。