日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

娘ごころは恥づかしうれし
ムスメゴコロハハヅカシウレシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年08月03日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
72分  

「若者よ! 恋をしろ」の永来重明の脚本を「一等マダムと三等旦那」の小森白が監督する明朗喜劇。撮影は今村秀夫が担当する。出演者は「かくて夢あり」の小林桂樹、「重盛君上京す」の高島忠夫と新倉美子「潜水艦ろ号 未だ浮上せず」の鮎川浩、「乾杯!女学生」の久保菜穂子、井波静子、藤原釜足、清川玉枝、キドシンこと木戸新太郎などで、ビクターの青木はるみが主題歌を歌い、スクリーン・デビュする。

スタッフ

企画
金田良平
脚本
永来重明
監督
小森白
撮影
今村秀夫
音楽
利根一郎
美術
富極辰春
照明
森田芳彦
録音
西川登

ストーリー

ジャズのうまい好男児三枝、柔道三段の中沢、洗濯が得意の大木の三人は、信州の山奥の温泉場の旅館へアルバイトにいった。旅館「ふじや」の主人栄造は好人物で女房おきのの尻に敷かれている。三人は印半纒を着、旗を持って「ふじや」の一人娘鮎子に応援され乍ら、バスの発着所へ客引きに行き新婚夫婦らしい二人と、マダム風の女玲子の二組をキャッチした。夕食時にはエプロンを着、馴れない手つきで皿や鉢を拭いたり、膳を並べたり、運んだり、転手古舞の忙しさである。失敗をくり返し、新婚夫婦に当てられてやっと自分達の部屋に落着くと、女中のお花が親切にしてくれる。おきのが親類のお目出度があって呼ばれていった日、栄造を探していた三枝は、玲子の部屋にいる栄造を見つけた。三人に酒を進めて栄造は三等亭主は廃業するとは云うものの、矢張り口止めするのだった。盆踊りの夜、三枝の側から離れない鮎子をみて、中沢と大木は、姿を消して二人に楽しく踊らせてやった。見晴台に休みに行くと鮎子は、三枝はどんなタイプの人が好きか聞くが、淋しそうだった。踊りから帰って、酒を御馳走になり、飲みすぎた三枝が一人で横になっていると、鮎子はやさしく介抱してやった。母病気の電報で、一人先に東京へ戻る三枝を栄造、中沢、大木は送りに行ったが鮎子は一人で見晴台にのぼり、三枝の乗ったバスを何時迄も見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。