日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

陽気な探偵
ヨウキナタンテイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年07月28日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
89分  

「快盗三人吉三」の若尾徳平が脚本を書き、「こんな美男子見たことない」の西村元男が監督する探偵喜劇で、撮影は糸田頼一である。出演者はアチャコ(宝さがし百万両)とエンタツ(重盛君上京す)のコムビに、江利チエミ恵ミチ子(よい婿どの)、沢村みつ子の三歌手、「家庭の事情」のトニー谷、「初笑い寛永御前試合」の相馬千恵子などである。

スタッフ

製作
三輪礼二
脚本
若尾徳平
監督
西村元男
撮影
糸田頼一
音楽
池譲
美術
狩野健
照明
岸田九一郎
録音
矢野口丈雄

ストーリー

探偵学校を卒業した阿茶夫と円太郎は二人で一人前という証書をもらい私立探偵業をはじめた。ある夜そば屋の女房おとよの素行調査のため劇場地下室へ来た二人は、図らずもそこでモデル根本蘭子の殺人事件に相遇したが、その耳のイヤリングを手掛りに捜査を始めた。そして同じイヤリングをつけたモデル歌手マリ子に逢ったが、一方蘭子のイヤリングは掃除婦であるおとよが拾って娘のみつ子にやっていたので、阿茶夫は人気歌手のチエミに紹介する約束でみつ子からそれを貰った。二人はマリ子のいるファッション・ショウに乗りこんだが、モデル学校長は元の探偵学校長で、問題の同形のイヤリングはデザイナーの岩村がマリ子と蘭子に贈ったものであると判った。殺人とイヤリング--手掛りを掴んだと喜ぶ二人を嘲笑するのは美容師の澄子で、彼女は二人を岩村に紹介した。岩村は蘭子殺しは校長の息子克太だと云うので、両探偵が後をつけ、克太とマリ子が「蘭子なんか死んだ方がよかったんだ」と囁いているのを目撃した。だがある夜、両探偵は岩村をはじめ無気味な一味に襲われ、逃げこんだ地下室で瀕死の男が「唖の男だ」という一言を残して息絶えた。これを事件解決の鍵として頭をひねる二人は、暫くして澄子とキャバレーで会う約束をした。敵の術中に落ちたのだ。密輸団の親玉で、蘭子殺しの張本は澄子であった。蘭子はイヤリングに麻薬を入れて使用していたが彼らを裏切ったので殺されたというわけである。命も危うくなった二人は、駈けつけた警察の手を借り一味を捕えて名を上げた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。