日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

関八州勢揃い
カンハッシュウセイゾロイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年07月06日 
製作会社
新東宝 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

池上金男と椎名文の共同脚本より、「舞妓物語(1954)」の安田公義が監督する新東宝の天保水滸伝映画で、撮影は「剣侠江戸紫」の河崎喜久三、音楽は「里見八犬伝(1954)」の高橋半。「剣侠江戸紫」の大河内傳次郎、「ママの新婚旅行」の長谷川裕見子、「女の暦」の舟橋元などが出演している。

スタッフ

製作
竹中美弘
脚本
池上金男椎名文
監督
安田公義
撮影
河崎喜久三
音楽
高橋半
美術
川村鬼世志
照明
平岡岩治
録音
竹川昌男

ストーリー

天保の頃、関八州の百姓達は打続く天災で困窮を極めていた。前橋の親分白銀屋銀次郎は代官の山岡甚太夫と結び、十手をかさにきて悪業の数々を重ね、百姓達の反感をかっていた。そんな所へ、長旅の草鞋をはいていた大前田栄五郎が、馬子の国定忠治を率いて帰って来た。栄五郎は全国のやくざに人気があり、栄五郎帰るの報に慌てたのは今迄その縄張りを荒していた白銀屋一家であった。しかし栄五郎は一向平気で長福寺の白雲和尚と談笑したりしていた。或る日栄五郎は頼まれて飯岡、笹川両家の喧嘩の仲裁をしたが、その帰路、白銀屋にそそのかされた新助に襲われた。だが新助は忠治に捕えられ、栄五郎の計いで白雲和尚の所へ預けられた。貧欲な白銀屋は山岡と結托して農民を苦役に服させようと企み、天災にあえぐ農民達の味方をして栄五郎が立ち上ったという噂さが各地に広まると、栄五郎を慕うやくざ達は続々と大前田村へ集って来た。大場の久八、飯岡の助五郎、笹川の繁蔵などの応援を得、江戸屋、福田屋に励まされ、白雲和尚に悟された栄五郎は、喧嘩は絶対にいけないという彼のモットーを越えて遂に立ち上った。時を移さず関八州勢も斬り込んだが、代官所に陣取る白銀屋一家は多勢。忽ち敗色の濃くなったその時、急を聞いて駆けつけた八州取締役は、はからずも数年前栄五郎が危機を救った中山誠一郎だった。思わずあがった観声の中で、栄五郎と誠一郎は手をとりあった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。