日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かくて夢あり
カクテユメアリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年06月29日 
製作会社
日活 
配給会社
日活 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
105分  

日活の製作再開による第一回作品。NHK連続放送劇の映画化で、大林清の原作を「サラリーマンの歌」の猪俣勝人と「水色のワルツ」の小森静男が共同脚色し、「今宵ひと夜を」の千葉泰樹が監督している。撮影は「無法者」の峰重義。出演者は「坊っちゃん社員 前篇」の小林桂樹、「魔子恐るべし」の伊豆肇、「美しい人」の宮城野由美子、「近世名勝負物語 黄金街の覇者」の島崎雪子などである。

スタッフ

製作
初田敬佐野博
原作
大林清
脚色
猪俣勝人小森静男
監督
千葉泰樹
撮影
峰重義
音楽
古関裕而
照明
藤林甲
録音
神谷正和

ストーリー

義文は銀座の酒場でピアノ弾きをしながら、弁護士の勉強をしていた。兄利光は水戸近郊に親ゆずりの広い山林を持っているが、人におだてられていい気になる性格で、事業の製材業はすてて顧ない。利光は兄の結婚式に帰郷した。新婦裕子は以前から義文が胸に秘めた意中の人だったが、今は心寂しく兄夫婦の幸せを祈るのだった。彼を慰める旧友の延岡憲治の妹夏子は、明朗な近代女性で義文を慕っていた。帰京した義文はマダムの紹介で楽団イエロー・スターズの一員となった。結婚した裕子は、夫が事業を不振に陥れ土地の芸者磯奴となじみ、毎日酒に酔いしれるので姑りつとの板ばさみで不幸な生活を送っていた。弁護士試験に合格した義文は、帰郷してこれを知り、激しく兄を責めた。思い出の吊り橋に佇む義文と裕子は、今にして互の断ち難い愛情に悩むが、それを振切って彼は東京へ帰った。その後を追って夏子はタイピストを志願して彼のアパートに現われた。そのころ悩みにたえかねて、裕子も兄喜一郎の許へ上京していたが、夏子からそれを聞いた義文は彼女を訪れ、利光の許へ帰えした。義文は楽団と共に地方巡業に出発し、旅行中歌姫チェリイにいい寄られるが、彼の心には裕子以外の女性は考えられなかった。利光の乱行は日を追って激しく、裕子は意を決して上京、兄の友人桜谷の病院に就職したが、彼の求愛をしりそげるため職を辞した。更に学友文子の夫からも言寄られ、やっと商船社長小河内に雇われた。社長の静養に附添って紀州へ行く裕子の列車と彼女の上京を知って旅先から東京行の列車に乗った義文は、上下する東海道ですれちがって会えなかった。然し運命は二人を奇しくも吊り橋の上で再会せしめた。ひしと抱擁する二人。その時、山の彼方の空を染めて、利光の山林が火を発して燃え続けた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。