日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

風立ちぬ(1954)
カゼタチヌ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1954年05月19日 
製作会社
東京映画=大雅社 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
101分  

伊藤基彦、三輪礼二、瀬良庄太郎の共同製作になる東京映画、大雅社提携作品。堀辰雄の原作よりラジオ作家桂一郎と新人村山俊郎が共同脚色し、「金色夜叉(1954)」の島耕二が監督している。撮影は「春色お伝の方 江戸城炎上」の三村明、音楽は「地獄門」の芥川也寸志である。出演者は「女の園」の久我美子、「伊豆の踊子(1954)」の石浜朗、「真実一路」の山村聡、「花と龍 第一部」「花と龍 第二部」の山根寿子のほか、池部良、灰田勝彦、佐野周二などの賛助出演が予定されている。

スタッフ

製作
伊藤基彦三輪礼二瀬良庄太郎
原作
堀辰雄
脚本
桂一郎村山俊郎
監督
島耕二
撮影
三村明
音楽
芥川也寸志
美術
島康平
照明
岸田九一郎
録音
西尾昇

ストーリー

節子は軽井沢で弘と親しくなったが、胸を病む彼女は迎えに来た父荘太郎と共に東京へ帰ることになった。画家の荘太郎はかって愛しながら結婚できなかった泰子にここでめぐり合った。弘は彼女の甥だったのだ。弘は寂しく八ツ岳山頂に近い学校の実験所にこもった。彼の心を知った泰子は荘太郎を訪れて、二人の愛情について語りあった。帰京した弘は荘太郎に節子との結婚を申入れるが若い弘と病身の彼女を考え、人格を尊重して交際するよう、優しく話してやる。荘太郎が泰子をモデルに珍しく人物画を描き始めたころ、節子は弘とピクニックに行き過労から又も床についた。妻を失った荘太郎と未亡人の泰子は、再び溶け合った心持から結婚することになったが、病気の節子は大人の愛情が理解できず、「お父さん不潔よ」と叫んでショックから喀血し、遂に高原の療養所に入院した。かけつけ弘の看護に勇気を得た節子は次第に快方に向い、父と泰子との愛情を祝福するようになった。見舞に来た父と泰子の帰京を見送った節子は、弘と高原を心も軽く散歩するうち、不意に飛立った雉に激しいショックを受け弘の背に負われながら、清純な体と心のまま死んで行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。