日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

やくざ狼
ヤクザオオカミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月22日 
製作会社
綜芸プロ 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
92分  

「七人の侍」の小国英雄のオリジナル・シナリオによって、「逆襲!鞍馬天狗」の萩原遼が監督した。音楽も同上の高橋半。撮影は「鞍馬天狗と勝海舟」の河崎喜久三である。「逆襲!鞍馬天狗」の嵐寛寿郎、「浮気天国」の花井蘭子、「朝霧(1953)」の徳大寺伸などが出演する。

スタッフ

製作
竹中美弘
脚本
小国英雄
監督
萩原遼
撮影
河崎喜久三
音楽
高橋半
美術
鈴木孝俊
照明
平岡岩治
録音
八島宇一郎

ストーリー

大江戸の川向う、千葉流山は八幡宮の祭礼を控えて活気づいていた。祭の世話役森田屋清蔵は江戸から来た寺社奉行大検使井伊勘解由、小検使堤兼四郎と結托して甘い汁を吸おうとしていた。江戸伝馬町の牢がやけ二日の期限で科人が釈放され、その中には金子市之亟や河内山宗後がいたが、市之亟がやくざとなって土地を出たあとその家をのっとった森田屋は市之亟が流山に来たと聞いてうろたえた。母の墓詣りに流山にやって来た市之亟は路傍で苛められている我子平太郎を救け小遣いを与えた。平太郎はその金で森田屋の伜と賭をして勝ったが母お鶴に叱られて返しに行く途中森田屋の仔分に奪われてしまった。森田屋は貸した十二両を返すかさもなくば市之亟の居所を知らせろとお鶴に迫った。お鶴に恋慕する髪結い新三は嫉妬から市之亟を森田屋に売ったが、すぐ後悔して市之亟へも急を告げたので市之亟は森田屋一味を叩き伏せた。土地の妙念寺に、上野東叡山寛永寺別院三従寺住職了海僧都と称して乗込んで来た河内山宗俊は、大検使の懐中から贈賄目録を奪い、露店商人を助けてやった。森田屋の非道に、剣を抜こうか抜くまいかと思案する市之亟は河内山宗俊に元気づけられ、祭礼当日、お鶴平太郎を連去ろうとする森田屋一味をやっつけた。そして二人に見送られながら又江戸に去って行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。