日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

忍術罷り通る
ニンジュツマカリトオル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年12月01日 
製作会社
東京映画 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「若君逆襲す」の若尾徳平、「憲兵」の野村浩将の共同脚本により野村浩将が監督した。撮影は「血闘(1953)」の秋野友宏、音楽は「夕立勘五郎」の服部正。「びっくり太平記」の花菱アチャコ、横山エンタツ、柳家金語楼、「すっ飛び千両旅」の藤間紫、坊屋三郎「怪談佐賀屋敷」の浪花千栄子、他トニー谷、宝塚の筑紫まりなどが出演する。

スタッフ

製作
加藤譲
脚本
若尾徳平野村浩将
監督
野村浩将
撮影
秋野友宏
音楽
服部正
美術
島康平
照明
岸田九一郎
録音
西尾昇

ストーリー

大阪夏の陣で戦死、今は天国にいる三好清海入道は、裟婆に残した一子金太郎を恋うのあまり、月光大師に十日間休暇の許しをえて親友猿飛佐助ともども下界に降りる。下界は一九五三年の銀座。行人を驚かしつつ血眼で金太郎をさがす道すがら、酔漢松本の誘いにのって飲み屋に入りこんだ。盃をあげて歓談のあげく松本の鞄をとりちがえて立ちいでたが、中身の札束三万円、もとより大事の物としらぬ二人は悉く風にちらしてしまった。彼らを探しだした渡辺は呆然自失、悲歎のどん底に沈むありさまに、さすがに気づいた二人は、チョンマゲを斬り、洋装に身を固めて弁償金かせぎに大活躍をはじめる。拳闘の懸賞試合でノック・アウトを食らったが、競馬場では猿飛の忍術効を奏して大アナをあてる。弁償は首尾よくなしおえたが、一切金、金の浮世にイヤ気がさし、また四百年後の日本に金太郎を見出すすべもなし、と三好は天国に去る。残った猿飛は、競馬で上げたアブク銭で豪遊するうち、キャバレの花形ドロシー桜木と共鳴、大いに鼻の下をのばしている。天国では猿飛召還のため再び三好を下界に派遣するが、当の三好も愛児とその名も同じ金太郎少年に出合い、その祖母およねから戦死した息子の生還とまちがえられて、彼らの情愛にいつかこの世を去りがてとなる。ドロシーに大金をせびられた猿飛はカブト町で株の暴騰をはかるが、上を下への大混雑に顛倒して右手をいため、印が結べぬままにみごと失敗、ドロシーにも捨てられた。クリスマスの夜、金太郎にサンタクロースの迎えをせがまれてとびだした三好は、銷沈した猿飛とバッタリ廻りあい、彼の化けたサンタ爺さんに金太郎は大よろこび。十日間の期限がきた。後髪をひかれつつよね、金太郎と別れた二人は、劇場にあらわれ、折から興行中の「大阪夏の陣」舞台より三好、猿飛の衣裳、カツラをはぎとって大混乱をまきおこす。侍姿にもどつた二人は、雲にのって次第に小さく天国へ去ってゆく。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。