日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

悲しき瞳
カナシキヒトミ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年08月19日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

「ひばり捕物帖 唄祭り八百八町」に次ぐ美空ひばり主演映画で、「夏子の冒険」の山内久、「岸壁」の馬場当の脚本を、「あの丘越えて」「悲しき小鳩」等ひばり映画とは馴染深い瑞穂春海(落葉日記)が監督している。撮影は「若奥様一番勝負」の布戸章、音楽は「ひばり捕物帖 唄祭り八百八町」の万城目正、美空を中心に、「弁天横丁」の日守新一、藤乃高子、「若旦那の縁談」の川喜多雄二、草間百合子、「日本の悲劇」の望月優子、「坊っちゃん(1953)」の多々良純、「胡椒息子」の子役中村正紀などが出演している。

スタッフ

企画
福島通人
製作
久保光三
脚本
山内久馬場当
監督
瑞穂春海
撮影
布戸章
音楽
万城目正
美術
平高主計
照明
小泉喜代司
録音
新楠元

ストーリー

東京下町のある新制中学教員田辺真二郎には光子と瞳の二人の娘があった。瞳は父の中学の級のリーダー格で間近い修学旅行やパンフレット製作に励んでいた。田辺は老教員で生活苦や婚期の光子の行く末など心痛が多いが、明朗な瞳を囲んでその家庭は明るい。が、昔の教え子の不良の阿久津に同情して生徒達の旅行積立金を用立てた事から窮地に陥る。かねて光子に好意を寄せていた作家志望の若い教師益本は田辺の罪を着て辞職し郷里へ帰るが、誠実小心な田辺もまた辞職する。この事件以後瞳は級友に白眼視されるが、金八や大助の協力で働き家計を助ける。瞳を歌手にしようとしている義弟の池田から瞳の行動を聞いたり、光子の友達、後藤PTA会長の娘冽子が結婚すると聞いた田辺に、焦燥の日々が続く。待望の修学旅行へ行った瞳は帰途金八の家で、阿久津から例の事件の真相を知り、阿久津は後藤会長にも真相を語る。かくて田辺は後藤の会社への入社が決り、折柄上京した益本から光子への結婚の申込みもあって、田辺家の明け暮れはやがて旧に復すようだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。