日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

嫁ぐ今宵に
トツグコヨイニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1953年02月05日 
製作会社
新東宝新映プロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
91分  

「佐渡ケ島悲歌」の新映プロと新東宝の提携によって作られ演技者として映画生活三十年の斎藤達雄が監督としての第一回作品、脚本は斎藤達雄自身が書き、「こんな私じゃなかったに」の池田忠雄が潤色をしている。撮影は「モンテンルパの夜は更けて」の小原譲治。出演者は「人生劇場 第一部」の島崎雪子、「モンテンルパの夜は更けて」の山内明と「カルメン純情す」の坂本武と斎藤達雄自身。その他「原爆の子」の細川ちか子や「丘は花ざかり(1952)」の清水将夫などである。

スタッフ

製作
新映映画株式會社
脚本
斎藤達雄
脚色
池田忠雄
監督
斎藤達雄
撮影
小原譲治
美術
松山崇
音楽
団伊玖磨
照明
矢口明
録音
西尾浩伸

ストーリー

齊木長太郎は渋沢商事の老社員で、家庭には病床の妻きぬ子と一人娘時子があった。時子は当年二十三歳、長太郎はまだ子供だと思っていたが、同僚の長谷川信夫という青年が恋人であった。折りを見て両親に打ち明けるつもりだった。ところが突然長太郎が馘首された。戦後派の若い社長は長太郎の古風な律儀さが気に入らぬという理由である。時子と彼はこれを病気のきぬ子に内緒にして翌日から職を求めて街を歩きまわった。長谷川が広島に転勤にきまり、これを機会に時子との結婚を望んだが、時子は父母を見すてて行くことが出来なかった。長太郎はそれを見て時子にはある工場の夜警の職があったといって、渋っていた鳩の街の湯たんぽ売りをはじめた。ある夜はからずもこの姿を長谷川に見られ、それを知った時子は、長谷川との結婚をきっぱりことわった。しかし長太郎の元の会社と取引していた会社の福井社長は、長太郎の正直な一言で欺偽にひっかかるのを救われたことを恩義に感じ、彼を自分の社へ迎えたいといって来た。春立ちかえる齊木家から時子は長谷川と結ばれ広島へ旅立った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。