日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2021年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あゝ青春に涙あり
アアセイシュンニナミダアリ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年12月29日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

製作は佐藤一郎、「女豹の地図」の八田尚之の脚本で、「結婚案内」の杉江敏男が監督に当っている。撮影は「喧嘩安兵衞」の会田吉男。主な出演者は、「腰抜け巌流島」の森繁久彌、「足にさわった女(1952)」の池部良、越路吹雪、「春の囁き」の岡田茉莉子、「港へ来た男」の久慈あさみ、その他霧立のぼる、加東大助、久しぶりの徳川夢声など。

スタッフ

製作
佐藤一郎
脚本
八田尚之
監督
杉江敏男
撮影
会田吉男
美術
北辰雄
音楽
飯田信夫
照明
大沼正喜
録音
藤好昌生

ストーリー

銀座裏のフランス料理「マロニエ」の主人寛助は元駐仏大使大森伯のコックをしていたことが何よりの自慢で、今でも毎週御気嫌伺いに行っていた。というのは口実で、大森家は簡単にすまし二号の藤間静の処へ通っていた。息子の寛平はコックを手伝いながら、大学へ通ってハードルの選手をしていた。妹の加代は、寛助の後妻の連れ子で、行く行くは寛平と一緒にしたいと思っていた。しかし寛平は大学での仲良し佐々木辰美と結婚したいと思い誘われて田舎の彼女の家まで訪ねたが、辰美の父にそれを切り出すことが出来なかった。その汽車で知り合った女性マユミが大森伯の落胤とわかり、寛平はそのアパートへ出入りしている間にすっかり彼女に心を奪われてしまった。加代はマユミを毒のある花と思い辰美に寛平の反省をうながして貰おうとしたが辰美はそんな寛平とは絶交だといい、加代は自分でマユミのアパートを訪ねようとして自動車にはねられた。こんな出来事で、加代の寛平を想う心が辰美にも、またマユミにもわかった。マユミは結婚をしてくれという寛平をすげなく追いかえした。傷心の彼を慰めてくれるものはやっぱり加代しかなかった。寛助は思い通りに寛平と加代とを結ぶことが出来て、ほっとして静に肩のこりをもみほぐして貰っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2021/02/25]

映画情報を65件更新しました。

[2021/01/26]

映画情報を51件更新しました。