日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

七色の街
ナナイロノマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1952年12月23日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「女ごころ誰か知る」の山本嘉次郎が一年振りに監督する新しい音楽映画で、武田麟太郎の「銀座八丁」より自ら脚色したもの。撮影は玉井正雄、音楽は仁木他喜雄、舞踏構成はモダン・バレエの矢田茂がそれぞれ担当している。出演者は「丘は花ざかり(1952)」の池部良、「足にさわった女(1952)」の越路吹雪と岡田茉莉子のほかに広瀬嘉子と美松純の二新人が出演している。

スタッフ

製作
本木莊二郎
原作
武田麟太郎
脚本
山本嘉次郎
監督
山本嘉次郎
撮影
玉井正夫
美術
河東安英
音楽
仁木他喜雄
録音
保坂有明
照明
横井総一
舞踊構成
矢田茂
振り付け
矢田茂

ストーリー

社会部のかけ出し記者大久保は、バタヤホテルのおやじの先輩から、山田組事件の中心人物山田の令嬢みどりが銀座界隈に潜んでいると聞き、彼女を求めて黄昏迫る並木通りを歩いていた。しかしそこで彼が見いだしたのはかつての恋人町子だった。その頃みどりは酒場ロオトンヌのマダムあさ子の後釜に、パトロン内田の前に進れてゆかれたが、町子の知らせで大久保が駆け出した時には姿を消していた。新橋裏の旅館の一室、ネオンも消えた夜半過ぎ、みどりの居場所を執拗に聞き出そうとする大久保に、酔った町子は仕事と恋愛を割り切る男心の冷たさを感じ、昔の夢を呼び返す術もなく、みどりが彼女のアパートにいる事を告げた。彼が町子のアパートに駆けつけた時はみどりが訪ねて来た学生と出かけた後だった。総てを諦めた町子は二つの贈り物を残して大坂の商人田村の世話になる事になる。一つは大久保が欲しがっていたみどりの日記帳を、その恋人田辺から十万円で買いとって彼に贈った。それによって事件の全貌が分かり彼は大手柄を立てる事が出来た。もう一つは売りに出たロオトンヌを買ってあき子の夢を実現させてやったこと。ロオトンヌ開店祝いの夜、大久保はあき子から町子が大坂に出発する事を聞き東京駅に駆けつけた。走る車窓からじっと銀座の夜景を眺めている町子の前に大久保が現れた。そしていった。「僕も君と大坂に行くよ。今度は僕が君の為に何かする番だから」と。町子は嬉しかった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。