日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

#ハンド全力
ハッシュタグハンドゼンリョク

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
108分  

震災後の熊本を舞台にした青春映画。高校生のマサオが、3年前に撮ったハンドボールの写真をSNSに投稿したところ、全国から“いいね”が殺到。舞い上がったマサオたちは、“#ハンド全力”をつけてハンドボールを頑張るフリをした写真の投稿を続けるが。出演は「暗殺教室~卒業編~」の加藤清史郎、「天気の子」の醍醐虎汰朗。監督は「君が君で君だ」の松居大悟。

スタッフ

監督
松居大悟
脚本
松居大悟佐藤大
エグゼクティブ・プロデューサー
倉田泰輔
企画プロデュース
吉澤貴洋古賀俊輔滝田和人
プロデューサー
長坂淳子城内政芳
撮影
谷口和寛
美術
遠藤善人
音楽
森優太
主題歌
小山田壮平
録音
西條博介
照明
根本伸一
編集
瀧田隆一
衣装
立花文乃
ヘアメイク
金沙知
助監督
松尾崇

出演者

ストーリー

熊本地震後の熊本県。仮設住宅で暮らす清田マサオ(加藤清史郎)は、夢中になれるものもなく、高校卒業後の進路も決められずにいた。しかし、何気なくSNSに投稿した写真でその生活は一変。それは三年前の震災直後、ハンドボール部員だった頃に親友タイチ(甲斐翔真)と撮ったジャンプシュート中の“映える”一枚だった。その投稿を直近の写真だと誤解した全国のユーザーから続々と応援コメントが寄せられ、“イイね!”の数は増える一方。舞い上がったマサオと幼馴染の岡本(醍醐虎汰朗)は、ハッシュタグ“#ハンド全力”をつけた投稿を続けることに。ハンドボールを頑張るフリをした写真や動画をねつ造しては、“イイね!”が増えるように工夫と試行錯誤を重ねる。ついに、噂を聞きつけた男子ハンドボール部の部長・島田(佐藤緋美)にスカウトされ、フォロワー戦略として入部することとなる。最後のインターハイ出場に挑む島田の下、休部中の片山先輩(磯邊蓮登)やクラスメイトの林田(岩本晟夢)、マサオが密かに思いを寄せる女子ハンドボール部のエース・七尾(芋生悠)を姉に持つ次郎(鈴木福)、東京から来たダンサー志望の蔵久(坂東龍汰)が集まり、チーム7人が揃った。果たしてマサオたちは、SNSで廃部寸前の男子ハンドボール部を復活させることができるのか……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/09/28]

映画情報を55件更新しました。

[2020/08/27]

映画情報を61件更新しました。