日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

時の行路
トキノコウロ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
111分  

神山征二郎の監督第30作。リストラを経験した五味洋介は、妻子を青森の八戸に残し、静岡の大手自動車メーカーで派遣社員の旋盤工として働いていた。ところがある日、リーマンショックに端を発した非正規労働者の大量解雇により、職場を追い出されてしまう。出演は「コンフィデンスマンJP」の石黒賢、「honey」の中山忍。

スタッフ

監督
神山征二郎
共同監督
土肥拓郎
脚本
土屋保文神山征二郎
原作
田島一
企画
中西繁
プロデューサー
藤野戸護
協力プロデューサー
永田博康
撮影監督
加藤雄大
美術
中山慎
音楽監督
池辺晋一郎
録音
深田晃
照明
鎌田春樹
編集
蛭田智子
ラインプロデューサー
伊藤栄

出演者

ストーリー

リストラを経験した五味洋介(石黒賢)は、妻の夏美(中山忍)と子どもたちを青森の八戸にある実家に残し、派遣社員として静岡の大手自動車メーカーで働きながら、仕送りを続けていた。ベテラン技能者の旋盤工として職場でも信頼を集め、充実した日々を送る一方、その合間に家族を呼び、共に暮らせる将来を夢見ていた。ところがある日、リーマンショックに端を発した非正規労働者の大量解雇により突然、職場を追い出されてしまう。理不尽な仕打ちに抵抗した洋介は、仲間と共に労働組合に加入して立ち上がる。だが、冷酷な会社と裁判所を前に、洋介や妻、支援の人々の願いは届かなかった。そんな折、闘病中の夏美が倒れたとの知らせを受け、洋介は郷里へと向かうが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /BD /16:9
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。