日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ひとくず
ヒトクズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2020年03月14日 
製作会社
制作:テンアンツ) 
配給会社
渋谷プロダクション 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
117分  

ミラノ国際映画祭でグランプリ&最優秀男優賞を受賞した人間ドラマ。子供時代に母親から虐待された男・金田は空き巣に入った家で、同じく母親の恋人から虐待されている少女・鞠に出会う。金田は鞠を救おうとするが、彼女の母親も親の愛を受けずに育っていた。監督・脚本・出演は、劇団テンアンツ代表の上西雄大。

スタッフ

監督
上西雄大
監修
楠部知子
脚本
上西雄大
エグゼクティブプロデューサー
平野剛中田徹
プロデューサー
上西雄大
撮影
前田智広川路哲也
音楽プロデューサー
ナ・スンチョル
主題歌
吉村ビソー
録音
仁山裕斗中谷昌代
照明
前田智広川路哲也
編集
上西雄大

出演者

ストーリー

生まれてからずっと虐待されてきた小学生の少女・鞠(小南希良梨)は、食べ物もなく、電気もガスも止められている家に置き去りにされていた。そこへ、犯罪を重ねる男・金田(上西雄大)が空き巣に入る。幼いころに虐待を受けていた金田は、鞠の姿に自分を重ね、社会からは外れた方法で彼女を救おうと動き出し、鞠の母・凛(古川藍)の恋人が鞠を虐待していることを知る。虐待されつつも、鞠は母を愛していた。担任教諭は鞠が虐待されていると確信し、児童相談所職員を連れてやって来るが、鞠は母のもとを離れようとせず、保護できずにいた。金田は鞠を救うため、凛の恋人を殺し、力ずくで凜を母親にさせようとする。しかし、凜も虐待された過去を持ち、子どもの愛し方がわからないでいた。そんな3人が不器用ながらもともに暮らし、本物の“家族”へと近づいていくが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。