日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京アディオス
トウキョウアディオス

作品名でWeb検索する
レイティング
R15+  
英語名
 
上映時間
107分  

実在する孤高の地下芸人・横須賀歌麻呂の半生を自身が演じる超妄想スペクタクル。その過激な芸風とストイックな姿勢から芸人仲間からも一目置かれている横須賀。単独ライブに向けて奔走するなか、次々と困難が襲いかかり彼の創作活動は狂気に取り憑かれていく。横須賀の創作意欲を支えるヒロインを「純平、考え直せ」の柳ゆり菜が演じるほか、「星座」の占部房子、「闇金ドッグス7」の藤田記子が出演。監督は、『Mr.マリック超魔術シリーズ』や『女王の教室』などのテレビ作品を手がけてきた大塚恭司。

スタッフ

監督
大塚恭司
脚本
大塚恭司内田裕士
音楽
ブラボー小松
主題曲/主題歌
島爺

出演者

ストーリー

東京。全く売れない芸人たちだけが生息する“お笑いアンダーグラウンド”で「地下芸人の帝王」と呼ばれる横須賀歌麻呂は、日々ティッシュ配りバイトと全く金にならないライブでの新ネタ作りに追われていた。彼の創作の原動力は、とにかく客を笑わせたいという本能、そしてライブに必ず現れる一人の女性客(柳ゆり菜)の存在であった。彼女の励ましによって、横須賀は年一回行われる単独ライブを成功させようと強く決意するが、彼を取り巻く現実はあまりにも過酷だった。やがて、肉体的にも精神的にもボロボロの状態に追い詰められていく横須賀。現実と幻想、愛と暴力、破滅と救済、あらゆる矛盾を脳内に抱え込みながら、彼の創作活動は狂気と妄想に取り憑かれていく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。