日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年6月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ゲキ×シネ「髑髏城の七人 Season月 下弦の月」
ゲキシネドクロジョウノシチニンシーズンツキカゲンノツキ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
212分  

何度も再演されてきた劇団☆新感線の代表作『髑髏城の七人』のうち、宮野真守、鈴木拡樹らが出演した「Season月《下弦の月》」を“ゲキ×シネ”として映画館で上映。天正十八年。関東を荒らす髑髏党党首・天魔王の前に、捨之介と名乗る男が現れる。共演は「映画刀剣乱舞」の廣瀬智紀、「多十郎殉愛記」の木村了。

スタッフ

舞台監督
篠崎彰宏杣谷昌洋芳谷研
演出
いのうえひでのり
アクション監督
川原正嗣
中島かずき
制作プロデューサー
細川展裕柴原智子
制作
辻未央寺本真美花澤理恵
美術
堀尾幸男
音楽
岡崎司松﨑雄一
音響
井上哲司
音効
末谷あずさ藤森直樹
照明
原田保
衣装
生澤美子
ヘアメイク
宮内宏明
作詞
デーモン閣下
殺陣指導
田尻茂一川原正嗣
振付
TETSU

出演者

ストーリー

天正十年。本能寺の変から数日後。織田信長の居城・安土城が炎に包まれる中、天守閣の一角に飾られた異形の南蛮鎧“天魔の鎧”の前に、謎の男が現れる。この男こそ、後の天魔王(鈴木拡樹)だった。時は流れて天正十八年。豊臣秀吉が天下統一を達成する直前の関東荒野。黒ずくめの武装集団・関東髑髏党の鉄機兵たちが、本拠地・髑髏城の絵図面を持つ霧丸を探して村々を荒らし回っていた。そこへ、背中に大刀を背負った頭目・兵庫(木村了)率いる傾奇者集団“関八州荒武者隊”を味方につけた霧丸(松岡広大)が登場。だが、鉄機兵には全く歯が立たない。仲間の小田切渡京(伊達暁)の裏切りに遭い、囚われそうになった霧丸は、隙を見て脱走。その前に着流しの男・捨之介(宮野真守)が現れ、“ここで逃げちゃいけねえ”と告げ、兵庫らと共に髑髏党を撃退する。そして一行は、負傷した霧丸の治療のため、宿場を兼ねた色里“無界の里”へ。無界の里では、里一番と評判の極楽太夫(羽野晶紀)が霧丸を匿う。その夜、密かに里を抜け出す霧丸だったが、たちまち髑髏党に包囲される。救援に駆け付ける捨之介と無界の里の主人・無界屋蘭兵衛(廣瀬智紀)。するとそこに、髑髏党党首・天魔王が姿を現す。実は捨之介、蘭兵衛、天魔王の3人は、かつて信長の下で共に同じ時間を過ごした仲だったのだ。“天魔の鎧”を身に着けた天魔王には、一切の攻撃が効かなかったが、なぜか天魔王たちは、あっさりその場を立ち去る。このままでは髑髏党に歯が立たないと悟った捨之介は、蘭兵衛と霧丸に“三日待つように”と告げ、秘策を求めて山奥の鍛冶場へ。そこで馴染みの刀鍛冶・贋鉄斎(中村まこと)と再会した捨之介は、“天魔の鎧”を叩き斬る“斬鎧剣”の製作を依頼。一方、覚悟を決めた蘭兵衛は、捨之介の帰りを待たず、髑髏城に単身乗り込んでいく。さらに、その後を追う霧丸。果たして、男たちの運命は……?

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。

[2020/05/29]

映画情報を3件更新しました。