日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年12月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス
ビルドニューワールドカメンライダーグリス

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年09月06日 
製作会社
東映ビデオ 
配給会社
東映ビデオ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
64分  

テレビシリーズ『仮面ライダービルド』完結後の世界を舞台に、死闘の末に散ったライダー、グリスの活躍にスポットをあてたスピンオフ第2弾。新世界で復活したグリスが、敵に捕らわれた愛する美空を救出するため、新たなバトルを展開するビルドシリーズ最終章。グリス役の武田航平のほか、仮面ライダービルド役の犬飼貴丈、仮面ライダークローズ役の赤楚衛二、石動美空役の高田夏帆などシリーズのレギュラー陣が出演。監督は「劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング」の中澤祥次郎。

スタッフ

監督
中澤祥次郎
脚本
武藤将吾
原作
石ノ森章太郎
音楽
川井憲次

出演者

ストーリー

桐生戦兎が創った新世界では、人体実験を受けた者にだけ旧世界の記憶が蘇っていた。そして、記憶が蘇った者の中には、新世界を『科学の力=兵器』によって支配しようと企む者が現れた。テロリスト集団“ダウンフォール”は、ライダーシステムを採用した政府官邸を急襲。政府高官の氷室幻徳(水上剣星)は、仮面ライダーへの変身を封じる不思議な力を操る敵に一方的にやられてしまう。その魔の手は戦兎(犬飼貴丈)、万丈(赤楚衛二)、そして一海(武田航平)のファームにまで及び、ライダーシステムを奪われる。さらにホワイトパネルも狙われ、美空(高田夏帆)が人質として捕らわれてしまう。だが、美空を愛する一海と、そのカシラを支える三羽ガラスの赤羽(栄信)、青羽(芹澤興人)、黄羽(吉村卓也)は諦めることなく反撃を開始。美空を救出するには、唯一変身能力を奪われなかった一海が、強敵を超える“変身”を遂げるしかない。変身を実現するためのアイテムを創るには、三羽ガラスが持つ特殊な成分を抜き取る必要があったが、その実験は、彼らの命を奪う危険を孕んでいた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド: ステレオ

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/12/23]

映画情報を37件更新しました。

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。