日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

葬式の名人
ソウシキノメイジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2019年09月20日 
製作会社
制作プロダクション:劇団とっても便利) 
配給会社
ティ・ジョイ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
99分  

大阪府茨木市市制70 周年記念事業の一環として茨木市が全面協力、川端康成の短編小説をモチーフにした群像コメディ。息子と二人で暮らす雪子のもとに、高校時代の同級生の訃報が届く。卒業から10年の時を経て集まった同級生たちは、奇想天外な通夜を体験する。映画評論家で「インターミッション」など監督業にも進出する樋口尚文がメガホンを取った。また、川端康成の母校・大阪府立茨木高校の卒業生で、劇団とっても便利の脚本を担当、日本チャップリン協会会長を務める大野裕之が脚本を手がけた。『十六歳の日記』『師の棺を肩に』『少年』『バッタと鈴虫』『葬式の名人』『片腕』などの川端康成の短編小説を下地にしている。シングルマザーの渡辺雪子を「旅のおわり世界のはじまり」の前田敦子が、雪子共に奇想天外な通夜に翻弄される茨木高校の野球部顧問・豊川大輔を「多十郎殉愛記」の高良健吾が演じる。2019年8月16日茨木市先行ロードショー。

スタッフ

監督
樋口尚文
脚本
大野裕之
原案
川端康成
企画
榎望
プロデューサー
大野裕之
劇中マンガ
やまだないと
撮影
中堀正夫
美術
部谷京子
音楽
上野耕路
音楽プロデューサー
佐々木次彦
照明
祷宮信
編集
大島ともよ

出演者

ストーリー

大阪府茨木市にある簡素な木造アパートで息子と二人で暮らす雪子(前田敦子)のもとに、ある日、高校時代の同級生が亡くなったとの知らせが入る。卒業から10年の時を経て通夜に集まった同級生たちは、これまでに見たことも聞いたこともない奇想天外なお通夜を体験する。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/11/27]

映画情報を72件更新しました。

[2020/10/26]

映画情報を78件更新しました。