日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN
トライブコールドディスコードドキュメンタリーオブゲザン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
ドキュメンタリー 
公開年月日
2019年06月21日 
製作会社
製作:十三月 
配給会社
SPACE SHOWER FILMS 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

日本のアンダーグラウンド音楽シーンを牽引するロックバンド“GEZAN”の活動を追ったドキュメンタリー。クラウドファンディングで資金を集め、アメリカツアーとレコーディングを敢行したGEZANは、各地を巡る中で、根深い人種差別の存在を知る。出演は、GEZANのメンバー、マヒトゥ・ザ・ピーポー、イーグル・タカ、カルロス尾崎、石原ロスカル。監督・撮影・編集を担当したのは、ライブ映像やMVを中心に手掛ける神谷亮佑。

スタッフ

監督
神谷亮佑
撮影
神谷亮佑
プロデューサー
カンパニー松尾
音楽
マヒトゥ・ザ・ピーポー

出演者

ストーリー

2009年の結成以来、精力的な活動を続け、野外フェス“全感覚祭”やレーベル“十三月の甲虫”を主催、現在の日本のアンダーグラウンドシーンを牽引するロックバンド“GEZAN”。多少なりとも音楽に敏感な人であれば、彼らの楽曲が次第に幅広い層に受け入れられ始めていることは知っているに違いない。さらに、ボーカルのマヒトゥ・ザ・ピーポーによる歌詞の世界観と発言は、ある種のカリスマ性を持ち始めている。それだけでなく、彼らの活動は、まだ表舞台に現れていない新しい才能、埋もれている才能を発掘するネットワークとして機能。それは世界にまで広がり、様々なものを巻き込んで大きな渦を作り始めている。そんな最も勢いを持って前進する“今”を、ギリギリの距離まで近づいて記録したバンド初のドキュメンタリー映画であり、感情の疾走を記録したロードムービー。自分たちのクラウドファンディング“BODY VUILDING project”で資金を集め、アメリカツアーとスティーブ・アルビニによるアルバムのレコーディングを敢行したGEZAN。彼らの盟友の映像作家“でるお”こと神谷亮佑はそこに帯同する。アメリカではどこへ行っても歓迎を受け、表向きにはパンク・アンダーグラウンドシーンの世界的な連帯を感じさせた。しかし、そこには先祖の時代から大きく横たわる根深い人種差別、拭い去れない憎しみが存在する事をやがて彼らは知ることになる。遠い地で受けた感覚と感情の変化を背負って帰国するが、その情動は消えることなく彼らに覆い被さってくる……。そんな中、アメリカで映像の編集を行っていた“でるお”は、極限にまで追い詰められて失踪。その一方で、彼らが主催するイベント“全感覚祭”の開催は目前に迫っていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /4:3
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。