日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

HOMIE KEI チカーノになった日本人
ホーミーケイチカーノニナッタニホンジン

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
73分  

米刑務所内でメキシコ人ギャンググループ・チカーノに認められた日本人・KEIのドキュメンタリー。帰国後、日本のチカーノ・ブームを牽引する一方、ボランティア活動にも取り組むKEIを7年に渡り取材し、壮絶な過去から現代に至るまでの様々な顔に迫る。

スタッフ

監督
サカマキマサ
プロデューサー
中村保夫YAS
撮影
加藤哲宏
音楽
原夕輝
編集
有馬顕大畑創Travis Klose

出演者

  • KEI(出演)

ストーリー

1961年東京生まれのKEIは、ヤクザ時代にFBIのおとり捜査で捕まり、アメリカの刑務所に投獄される。弱き者は容赦なくやられる地獄のような場所でたった一人の日本人でありながら、最後まで人に媚を売らず、徒党を組まず、死を覚悟して自己を全うし続けた。そんな彼の命を賭けた無謀な男気は、チカーノというアメリカで最強最大のギャンググループから信頼を得る。メキシコ人の血100%ピュアブラッドしか仲間に入ることのできないチカーノの世界に、KEIは仲間として受け入れられた。子供のころから天涯孤独に生きてきたKEIは、真の家族愛・仲間愛に守られ、地獄から這い上がる。出所したKEIは帰国すると、まず母親との絆を修正し、自らの家族愛を取り戻す。そして、ファッション、タトゥー、書籍、コンピレーションCD、DVD、映画などの幅広いプロデュースでチカーノ・ブームの象徴的存在になる。また、米刑務所内で取得したカウンセラーの資格を生かして、ボランティア団体Good-Familyを設立し、引きこもりなど問題を抱える少年少女や親たちが集まるHOMIE Marine CLUBを運営し、現代社会へ一石を投じようと試みている。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。