日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

師匠の女将さん いじりいじられ
シショウノオカミサンイジリイジラレ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
2018年12月21日 
製作会社
フリーク・アウト 
配給会社
オーピー映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
71分  

、2018年に制作されたR18+指定の日本映画。監督は工藤雅典。同年12月21日から27日まで上野オークラ劇場と横浜光音座2で初公開。関西では、2019年2月8日から14日まで京都・本町館で初公開。甲信越では、2019年3月2日から3月8日まで甲府・甲南劇場、そして中国地方では、2019年3月21日から3月29日まで広島・横川有楽座で初公開。

スタッフ

出演者

ストーリー

健一は、かつて寄席で人気だった漫才トリオの元リーダー。ネタ作りの才能はあったが、メンバーの祐介と那美が恋仲になって、傷心の末にトリオを脱退したのだった。芸人の道を諦め、荒んだ気分で清掃スタッフとして働いていたある日のこと、職場で社長から新入りの和代を紹介される。未亡人である和代の美貌と人柄に、健一は心惹かれるが、彼女には静香という訳ありの娘がいた。更に驚いたことに、和代の亡夫こそは、健一が憧れていた芸人の並木貫太郎だと云うのだ。ほどなく和代と親密な関係になってしまった健一は、久しぶりに会った構成作家の田所から、祐介と那美のコンビのために台本を書くよう依頼される。それは別れた那美の画策によるものだった――。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。