日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

むっちり討ち入り 桃色忠臣蔵
ムッチリウチイリモモイロチュウシングラ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
2018年12月07日 
製作会社
大敬オフィス 
配給会社
オーピー映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  


スタッフ

出演者

ストーリー

蔵子は高校のダンス部の後輩先輩にあたる玲子、美樹とともに、浅野が社長を務める播州赤穂物産で働いていた。未亡人で天然ボケの清掃員・葉子も彼女たちの先輩で、4人は今も青春時代のままダンスを続けている。そこへ突然、吉良総合商社社長・吉良が屈強な女用心棒と共に現れた。吉良の会社から取引を止められると、たちまち倒産してしまうため、浅野は頭が上がらないのだ。吉良は玲子を別室へ呼び出し、自分の会社で秘書になるようその肉体に手を伸ばす。玲子は浅野の会社でダンスを続けたいと断り続けた。外で様子を伺っていた浅野は怒りに震え、部屋に駆け込むが、吉良と女用心棒に返り討ちにされる。心配し駆けつけた蔵子は、犯された蔵子と瀕死の浅野を見つけ、吉良に闘いを挑む。蔵子の攻撃に、吉良はもう意地の悪いことはしないと叫ぶが、その時、葉子が女用心棒が死んでいると叫んだ。吉良の高笑いが響き渡る。2年後。女子刑務所を出所した蔵子は美樹、葉子と再会を果たす。浅野は蔵子が服役中に亡くなり会社も消滅していた。玲子は母親の借金の肩代わりに、吉良の愛人になっていた。 そこへダンス部の顧問だった裕子もやって来た。蔵子は自分の犯した罪の重さと裕子の母親のような愛情に泣きじゃくる。蔵子はダンス部の先輩・アリサが切り盛りする印刷会社で働くことに。アリサもは吉良のせいで夫を亡くしていた。彼女とも意気投合し、蔵子たちは再びダンスの夢を追うことに決める。裕子に提案され、学校の記念行事で踊ることを目標に励む。その一方、蔵子が出所したことは吉良の耳にも入り…。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。