日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

トーキョー情歌 ふるえる乳首
トウキョウジョウカフルエルチクビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
2018年10月19日 
製作会社
ラブパンク 
配給会社
オーピー映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  


スタッフ

出演者

ストーリー

美人官能小説家・柴城麗美。テレビ番組の取材で胸元の開いたセクシーな服を身に付け、自身の官能小説を朗読する。典子は自室で「自分」の出演番組を見て身悶えする。落ち込んだ彼女は夜の街に繰り出した。行きつけのロックバーで、典子は友人の官能小説家・ユズと飲んだ。ユズはあのテレビで典子が落ち込んでいるのではと予想して来てくれた。バーの店員・錠は長年連れ添ったユズの恋人で、ここで働きながらバンド活動をしている。典子は本当は口下手で男性経験も1人だけ。しかし、世間のイメージする「柴城麗美」は小説のためにセックスしたりオナニーしたりする淫乱女。典子はそのギャップに悩んでいた。バーからの帰り道、楠田の眼の前に典子が走ってきた。男性客の田中と佐藤に絡まれ逃げてきたのだ。ベロベロに酔った典子を、楠田は仕方なく自宅まで送り届けた。典子は自作のAV化の企画に伴い、麗美として撮影現場にやって来た。ADの楠田は麗美を迎えると、あの夜の酔っぱらい・典子だと気づくが、典子はそのことを覚えていないようだった。監督の菅谷は、次回作でも麗美原作で制作することを持ちかける。AV業界のスタッフを主役にした題材のネタの参考にと、彼は楠田を紹介した。典子は楠田への取材を始めるが…。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。