日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

親父が愛した男たち
オヤジガアイシタオトコタチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
2018年08月08日 
製作会社
加藤映像工房 
配給会社
オーピー映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
60分  


スタッフ

出演者

ストーリー

オレは約1年ぶりに京都の実家に帰ってきた。大学は出たが、子供の頃から好きだった映画の世界に進みたいと思いながら、フリーター生活を送っている。母は中学生の頃、父は3年前に亡くなった。父は男手一つで子供たちを必死で育てた。父が残した家を姉が守ってくれていたのだが、結婚が決まり、更に夫の海外出張が決まったため、姉はこの家を売ろうと思うと告げた。オレは父の遺品から「思いでの記」と題されたノートを見つけた。そこにはオヤジの恋の思い出が記されていた。23歳の父。若い頃から映画が大好きな父は、 ある日映画館で勇さんという年長の男性に体を触られる。慌てて映画館を出てきた父を追いかけてきた勇さんと出会い、初めて男性との接触を体験した。その後、父は勇さんを誘って歩く中、手を繋ごうとするが、勇さんは周囲の目を気にしそれを跳ね除ける。父の恋は儚く散った。それから父は行きずりの恋を繰り返した。そんな時、ゲイバーで知り合った戸田と映画の話で盛り上がり、ホテルへ行った。彼の変態的なセックスが父には新鮮だったが、彼は既婚者だったのでうしろめたさを感じた。戸田との関係を続けながらも、彼にとって父は単なるセフレにすぎず、やがて二人は別れた。父はオレの母と結婚し…。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。

[2019/06/25]

映画情報を48件更新しました。