日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年11月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

フェチづくし 痴情の虜
フェチヅクシチジョウノトリコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
成人映画 
公開年月日
2018年03月30日 
製作会社
加藤映像工房 
配給会社
オーピー映画 
レイティング
R18+  
英語名
 
上映時間
70分  


スタッフ

出演者

ストーリー

美夕と美晴は、気づけばもう三十路である。部署は違うが同じ会社の同期でもあり、既婚者の美夕は、浮いた話がない美晴を心配する。二人がいた居酒屋に、同じ会社で働く年下の勇気と晃が現れた。四人は挨拶だけ交わし、それぞれの時を過ごす。『噛』かつて美晴は、当時の部課長・鹿山と3年ほど不倫していた。鹿山はいずれ妻と別れ美晴と再婚すると言っていたが、別れた今ではそれが本心だったのかさえ分からずにいた。行為中、上腕二頭筋辺りを噛まれることが至極の快楽だった鹿山は、美晴に噛ませ呆気なく昇りつめる。やがて美晴も噛むことで最高の快楽を得る女になった。時は過ぎ、美晴は部下となった勇気とホテルに行き…。『声』由美は恋人・晃の誕生日の前夜、仕事で地方に行き雪の交通機関乱れで帰れないと言われる。お祝いの準備をしていた彼女はガッカリする。去年の春、奮発して通販で購入した皿が破損していて、由美はサポートセンターに電話した。そこで対応した晃の声と神対応に、声フェチの彼女はいつの間にか癒やされていた。その後、晃が交換対応で自宅を訪問し…。『匂』仕事の忙しさから夫・勝男とセックスレスになっていた美夕は、カメラマン・宮本と食事する。匂いに敏感な彼女は、勝男との結婚を決めたのも彼の放つ、自分だけが好きな匂いだった。その日の彼女は、勝本の匂いに惹かれ、人妻でありながらつい誘いに乗ってしまうが、ふと思いとどまり最後まで受け入れることはなかった。それを知らない勝男は、遅く帰宅した美夕を労う。昔と変わらない彼の匂いに、一瞬でも違う男の匂いを纏って帰ろうとした自分に自責の念が湧く…。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/11/25]

映画情報を58件更新しました。

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。