日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

泣き虫しょったんの奇跡
ナキムシショッタンノキセキ

作品名でWeb検索する

アマチュアからプロ棋士になった瀬川晶司の自伝を「空中庭園」の豊田利晃が映画化。子供のころからプロ棋士を目指していた“しょったん”こと瀬川晶司は、年齢制限の壁に阻まれ夢破れる。奨励会退会後は平凡な生活をしていたが、改めて将棋の面白さに気づく。出演は、「羊の木」の松田龍平、「トイレのピエタ」の野田洋次郎、「エルネスト」の永山絢斗、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」の染谷将太、「愚行録」の妻夫木聡、「HERO」の松たか子、「ちはやふる」シリーズの國村隼。第42回モントリオール世界映画祭フォーカス・オン・ワールド・シネマ部門正式出品作品。

スタッフ

監督
豊田利晃
脚本
豊田利晃
原作
瀬川晶司
エグゼクティブプロデューサー
青木竹彦岡本東郎
企画プロデュース
森恭一
プロデューサー
大瀧亮行実良平部隆明
撮影
笠松則通
美術
橋本創
装飾
渡辺大智
音楽
照井利幸
音楽プロデューサー
加納尚樹
録音
柿澤潔
サウンドエフェクト
北田雅也
照明
水野研一
編集
村上雅樹
衣装
宮本まさ江
ヘアメイク
小沼みどり
制作担当
中村哲也
助監督
佐和田惠
スクリプター
長坂由起子
VFXスーパーバイザー
道木伸隆

出演者

ストーリー

これまで何かに熱を入れることもなく日々を過ごしていた小学5年生の“しょったん”こと瀬川晶司は、中学生でプロ棋士になった谷川浩司棋士のニュースで“プロ棋士”という職業を知る。隣家に住む鈴木悠野も将棋が好きなことを知ると、二人で将棋を指すようになる。やがて、しょったんの父・敏雄(國村隼)の勧めで将棋道場へ通い始めるとめきめき上達し、中学3年生で奨励会の試験に合格する。奨励会には、26歳の誕生日までに四段にならなければ退会という鉄の掟がある。22歳の夏に三段に昇段したしょったん(松田龍平)だったが、様々な理由で奨励会を退会していくライバルたちを見て、将棋を指す意味を自問自答する。しょったんが現実から目を背けるように棋士仲間たちと遊び回っているうちに、悠野(野田洋次郎)がアマ名人になったことを知る。そして、最後の三段リーグでチャンスはあっけなく潰える。しょったんは奨励会を退会すると大学を卒業して会社員となり、将棋盤に向かうこともなくなる。そんなある日、しょったんの夢を応援してくれていた父が事故で突然他界する。傷心のしょったんは悠野の家で久しぶりに将棋を指すことになり、改めてその面白さに気づく。将棋を再開したしょったんはアマチュアの大会で頭角を現し、アマ名人になる。そして、アマチュア強豪の藤田と新聞記者の新條から、プロ編入試験の話を持ちかけられる。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。

[2019/03/26]

映画情報を119件更新しました。