日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ビジランテ
ビジランテ

作品名でWeb検索する
レイティング
R15+  
英語名
 
上映時間
125分  

「22年目の告白 私が殺人犯です」の入江悠監督によるオリジナル脚本作品。幼い頃に失踪した長男、市議会議員の次男、デリヘルの雇われ店長の三男。父親の死をきっかけに再会した3人だったが、それぞれの欲望や野心、プライドがぶつかり、運命を狂わせていく。出演は「アウトレイジ 最終章」の大森南朋、「ライアーゲーム」シリーズの鈴木浩介、「彼らが本気で編むときは、」の桐谷健太、「RE:BORN リボーン」の篠田麻里子。撮影を「幼な子われらに生まれ」の大塚亮、音楽を「笑う招き猫」の海田庄吾が担当する。

スタッフ

監督
入江悠
脚本
入江悠
エグゼクティブプロデューサー
加藤和夫江守徹
製作
間宮登良松江守徹太田和宏平体雄二
プロデューサー
佐藤現平体雄二
撮影
大塚亮
美術
松塚隆史
音楽
海田庄吾
音楽プロデューサー
津島玄一
録音
田中博信
音響効果
松浦大樹
照明
新井和成
編集
佐藤崇
スタイリスト
荒木里江
衣装
越智雅之
ヘアメイク
金森恵
助監督
松本壇

出演者

ストーリー

閉鎖的な地方都市。幼い頃に失踪した長男・一郎(大森南朋)。地元の市議会議員として身を尽くす次男・二郎(鈴木浩介)。デリヘルの雇われ店長の三男・三郎(桐谷健太)。別々の道、世界を生きていた3人であったが、父親の死をきっかけに一郎が30年ぶりに戻って来る。やがて、深く刻まれた逃れられない三兄弟の運命は再び交錯し、欲望や野心、プライドがぶつかり合い、事態は凄惨な方向へと向かっていく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド: 5.1ch

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。

[2018/08/23]

映画情報を33件更新しました。