日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活
エイガヨウカイウォッチシャドウサイドオニオウノフッカツ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
94分  

『妖怪ウォッチ』の劇場版アニメーション第4弾。妖怪ウォッチが時空の彼方に葬り去られてから30年後の世界。穏やかな日常は終わり、妖怪ウイルス鬼まろの増殖によって人類滅亡の危機が訪れる。やがて、新たな妖怪ウォッチに選ばれし者が地球の命運を託される。過去作の主人公ケータから、主要人物がナツメ、トウマ、アキノリに一新。妖怪たちのキャラクターデザインも大幅変更され、妖怪はライトサイドとシャドウサイドの2つのモードを持つ妖怪として、これまでとは違った姿で登場する。監督は、「映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!」のウシロシンジ。

スタッフ

監督
ウシロシンジ
脚本
日野晃博
原作
レベルファイブ
原案
日野晃博
製作総指揮
日野晃博
アートコンセプト
梁井信之
妖怪&キャラクターデザイン原案
長野拓造田中美穂
キャラクター・デザイン
寺澤伸介
総作画監督
寺澤伸介新村杏子武内啓
音楽
西郷憲一郎
音響監督
はたしょう二

出演者

ストーリー

かつて、妖怪を操る不思議な“腕輪(ウォッチ)”を持った少年がいた。ところが、少年が大人になったとき、彼には妖怪の姿が見えなくなってしまった。役目を終えたその“腕輪”は時空の彼方に葬り去られた……。それから30年後。穏やかな日常は終わりを告げ、迫りくる彗星とともに運命の日が始まろうとしていた。恐るべき妖怪ウイルス『鬼まろ』が、人の悪意に感染して無限に増殖。人類滅亡の危機を救えるのは、妖怪ウォッチに選ばれし者。新たな妖怪ウォッチを手にした彼らは、人間と妖怪の絆を取り戻せるのか……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /16:9
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。