日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

母子船
ハハコブネ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年12月21日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

「炎の肌」の八住利雄の脚本で、「二十歳前後」の吉村廉が監督に当り、「牝犬」の山崎安一郎が撮影に当っている。配役は「母人形」の三益愛子、豆バレリーナの松島トモ子、「馬喰一代(1951)」の菅井一郎と市川春代、「命美わし」の小沢栄、「飛騨の小天狗」の星美智子などのほか、星光、植村謙二郎、見明凡太朗などである。

スタッフ

脚本
八住利雄
監督
吉村廉
撮影
山崎安一郎
美術
今井高一
音楽
加藤光男

ストーリー

隅田川の達磨船の女船頭おきよは踊りの上手な五歳の娘ミチ子を相手に元気一ぱいで働いていた。ミチ子は、しかしおきよの実子ではく、空襲のとき知人の戸田からさる夫人の子だといってあずかってそのままになっていた子供だった。が、夫、太吉が復員して来たときこのことを太吉に説明しているのを立きいて、ミチ子は悲しんだが、おきよを慕う気持に変りなかった。しかし太吉にはなじまず、太吉も酒と賭博で借金が出来、悪芸能ブローカーの羽山にそそのかされるままに、ミチ子を巡業団に売り渡そうとした。そこでおきよはミチ子にマンドリン弾きの森島老人をつけて逃がしてやった。ミチ子と森島老人とはさすらいの旅に出てある別荘地で新一という坊ちゃんのあるやさしい奥さんと知り合いになり、楽しい日をすごしたが、やがて又旅に出て、冬となり、森島老人は山の牧場の近くで行き倒れになって死んでしまった。ミチ子は牧場の庄三とさえ子親娘に助けられたが、一方おきよは心配のあまり、別荘からのはがきを便りにミチ子を探しに出かけて行った。その留守、牧場から老人の死を知らせた電報が来て、ミチ子の所在が判ったが、太吉はミチ子をかくしたんだろうといって羽山に殴り倒された。傷ついて倒れている太吉をやさしくいたわったのは、そこへわからず帰って来たミチ子だった。太吉ははじめて自分の非を悔いて男泣きした。やがて、ミチ子を探しあぐねたおきよも帰って来て、太吉の改心をよろこんだが、実はミチ子の世話になった別荘の主人夫妻こそミチ子の実の両親であることが判り、おきよはミチ子を離す悲しさで胸のはりさける思いをして帰って来たのだった。しかし、ミチ子がおきよを慕う姿を見たとき、別荘お奥さんはミチ子の幸福はおきよを離れてはないことを思って、隅田川の達磨船へ帰してやった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。