日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

愛を積むひと
アイヲツムヒト

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
125分  

エドワード・ムーニー・Jr.のロングセラー小説『石を積むひと』を原作に「武士の献立」の朝原雄三監督が映画化。北海道に移り住み、第二の人生を送る夫婦とそこに集う人々の日々を映し出す。出演は「最後の忠臣蔵」の佐藤浩市、「明日の記憶」の樋口可南子、「抱きしめたい 真実の物語」の北川景子、「日々ロック」の野村周平、「繕い裁つ人」の杉咲花、「六月燈の三姉妹」の吉田羊、「悪人」の柄本明。

スタッフ

出演者

ストーリー

篤史(佐藤浩市)と良子(樋口可南子)の夫婦は、第二の人生を大自然に包まれた美しい土地で過ごそうと、東京下町の工場をたたみ、北海道に移り住むことを決断。かつて外国人が住んでいたという瀟洒な家を手に入れ、良子は野菜作りや家の内装のアレンジなどをしながら日々を満喫していた。一方、篤史は仕事人間だったせいか、手持ち無沙汰で暇を持て余すばかり。そんな夫を見かねた良子は、家を囲む石塀作りを篤史に依頼する。だが、以前から患っていた心臓の病を悪化させ、良子は突然この世を去ってしまう。悲しみにくれる篤史だったが、ある日、良子から手紙が届く。自分の死期を悟った良子が、篤史のこれからを案じ、篤史に宛ててたくさんの手紙を書いていたのだった。そんな良子の手紙に書かれた想いに触れるうち、篤史は閉ざしていた心を少しずつ開き始める。石塀作りを手伝いに来る青年・徹(野村周平)との交流、そして長年疎遠になっていた娘・聡子(北川景子)との再会……。やがて篤史は、良子を思いながら一つ一つ石を積み上げていく……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: ビデオ 他 /デジタル /シネマ・スコープ(1:2.35)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。