日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

この旗に誓う
コノハタニチカウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年10月12日 
製作会社
東映 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「花の進軍」の金平軍之助が製作で、「南風」の沢村勉の脚本を「春怨」の小杉勇が監督し、「わが一高時代の犯罪」の大塚新吉が撮影を担当する。出演者は「無宿猫」の大日方伝、「月よりの母」の夏川静江、「愛妻物語」の菅井一郎、それに利根はる恵、SKDの御園裕子、石黒達也など。

スタッフ

製作
金平軍之助
脚本
沢村勉
監督
小杉勇
撮影
大塚新吉
美術
田辺達
音楽
伊福部昭

ストーリー

ある警察予備隊。隊員の魚住は蒲柳の質で、もと将官である父尚武の無理強いで厭々ながら入隊したが、機会あれば脱退したいと、堂々売店の娘みどりに話していた。同室の淺見は、愛国心に満ち、ややもすれば過激な行動をとり、魚住を嘲っていた。この二人の仲の取りなしをつとめるのは杉森だった。中隊長の相川には、実業家山岸の娘綾子という許婚があったが、山岸が軍需産業に野心を持っていることを嫌い、綾子を顧みなかった。魚住は平和のために武器を執る矛盾を常に感じ、父と論争した。その憤懣を狙って、予備隊の機密を探ろうとする一団が酒場の女給あけみを、彼の外泊の度に近づけたが、彼女は却って彼の純真さに恋ごころを持つようになった。その頃淺見は、故郷の老母の願いで予備隊を辞すことになりこのような若い人達の動きを、いつも、じっと瞶めて感無量なのは大隊長の澁谷であった。魚住に近づく悪の一団は、政治的意図を持って、彼に武器搬出の手引を迫り、自衛のために自らの力を持たねばならないことを知った魚住は暴力に散然と対抗して傷つき、あけみは死んだ。然し、この事件は、警察予備隊の使命を人々に知らしめるのに役立ったのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。