日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

四十九日のレシピ
シジュウクニチノレシピ

作品名でWeb検索する
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
129分  

伊吹有喜の同名小説を「ふがいない僕は空を見た」のタナダユキ監督が映画化。愛妻であり母である女性を失った父と娘が、遺言に従って四十九日の宴会を開催する過程を通じて、人生を見つめ直してゆく。出演は「八日目の蝉」の永作博美、「脳男」の石橋蓮司、「地獄でなぜ悪い」の二階堂ふみ、「宇宙兄弟」の岡田将生。

スタッフ

監督
タナダユキ
脚本
黒沢久子
原作
伊吹有喜
エグゼクティブプロデューサー
小西真人
企画
武田吉孝
プロデューサー
星野秀樹黒澤格木幡久美
撮影
近藤龍人
美術
林千奈
装飾
湊博之
音楽
周防義和
主題歌
安藤裕子
録音
小川武
音響効果
中村佳央
照明
藤井勇
編集
宮島竜治
衣裳
宮本茉莉
ヘアメイク
竹下フミ
キャスティングプロデューサー
元川益暢
ライン・プロデューサー
新野安行
制作担当
村山亜希子
助監督
安達耕平
スクリプター
増子さおり

ストーリー

人生の晩年を迎えて突然、妻・乙美の死によって独り残された熱田良平(石橋蓮司)は、この先どうしたらよいのか見当もつかず、畳の上に呆然と寝転がっていた。そこへ、派手なファッションの女の子、井本(二階堂ふみ)が訪ねてくる。自ら“イモ”と名乗る彼女は、ズカズカと上がり込むと、乙美が生前に作っていた“暮らしのレシピ”カードを取り出し、“これ、やろう!”と告げる。開いたそのページには、“四十九日のレシピ”の文字が。一方、判を押した離婚届と結婚指輪を残して、自宅を出る百合子(永作博美)。気持ちが沈んだまま実家に着いた彼女は、父・良平とイモが一緒にいる様子を見て面喰う。だが、彼女は依存症の少女たちの更生施設でボランティアをしていた乙美の元生徒だった。乙美から、自分が死んだら良平と百合子を手伝って、みんなが楽しく飲み食いする“四十九日の大宴会”をしてほしいと頼まれていたと言うのだ。百合子は、離婚を考えていると父に打ち明けるが、その気持ちは揺れる。愛人(内田慈)との間に子どもまで作った夫の浩之(原田泰造)も、“どちらかを選べない”と逃げていた。イモとともに訪れた朝市で、浩之の好物イワナを見つけた良平は、それを届けて一緒に話をしようと思い立つ。だが、愛人とその子と一緒にいる浩之の姿を目の当たりにして、声をかけられないまま戻ってくるのだった。“やるぞ、四十九日の大宴会!”百合子と自分自身を励ますように宣言する良平。イモは、助っ人に日系ブラジル人のハル(岡田将生)を連れてくる。乙美がパートをしていた自動車工場で働いていた青年だ。こうして、乙美のレシピ通りに家を整理して準備を始めたものの、大宴会で何をしたらいいのかわからない。百合子は乙美の“人生の年表”を作って貼り出すことを提案。だが、出来た年表は空白だらけ。四十九日まであと少し。良平と百合子は、乙美の人生を辿り始めるが……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 16mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。