日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2018年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

潔く柔く
キヨクヤワク

作品名でWeb検索する

いくえみ綾の同名少女漫画を「パラダイス・キス」の新城毅彦監督が映画化。幼馴染を事故で亡くし喪失感を抱えたまま大人になった女性と、子供の頃に受けた罪悪感を払拭できない青年との恋愛模様を描く。出演は「モテキ」の長澤まさみ、「アントキノイノチ」の岡田将生、「100回泣くこと」の波瑠、「行け!男子高校演劇部」の中村蒼、「横道世之介」の高良健吾。日本テレビ放送網開局60周年記念作品。

スタッフ

監督
新城毅彦
脚本
田中幸子大島里美
原作
いくえみ綾
音楽
池頼広
主題歌
斉藤和義

ストーリー

高校1年生の瀬戸カンナ(長澤まさみ)は、花火大会の夜、クラスメイトから告白されるが、ちょうど同じ頃、カンナに想いを寄せていた幼馴染のハルタ(高良健吾)が交通事故で死んでしまう。カンナの携帯にはハルタからの最後のメッセージが残っていた。その事故以来、恋愛が出来なくなってしまったカンナは15歳の心のまま、年を重ねていく……。8年後、映画宣伝会社で働くカンナは、ある日、出版社に勤める赤沢禄(岡田将生)と出会う。自分の心に土足で踏み込んでくるような禄に反発しながらも、徐々に彼の存在が気になっていくカンナ。だが明るく悩みなど無いように見える禄にも、実は小学生の頃、同級生と一緒に事故に遭い、自分だけ生き残ってしまったという過去があった。ぶつかり合いながらも、惹かれ合う気持ちに逆らえないカンナと禄。心に傷を抱えた二人を待ち受ける運命とは……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 8mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2018/10/24]

映画情報を35件更新しました。

[2018/09/25]

映画情報を30件更新しました。