日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年10月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

貞子 3D2
サダコスリーディツー

作品名でWeb検索する
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
96分  

貞子という女の怨霊が引き起こす恐怖を描きジャパニーズ・ホラーの代名詞となった「リング」シリーズのうち、2012年に公開された「貞子3D」の続編。前作から5年後、臨床心理を学ぶ大学院生とその姪が呪いに巻き込まれていく。原作は鈴木光司の『エス』(角川書店・刊)。監督は前作に引き続き「行け! 男子高校演劇部」「ハンサム★スーツ」の英勉。出演は「彼岸島」やNHK連続テレビ小説『てっぱん』の瀧本美織、「ブタがいた教室」の大沢逸美ほか。「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」の石原さとみ、「ランウェイ☆ビート」の瀬戸康史、「桜蘭高校ホスト部」の山本裕典、「奇跡」の田山涼成らが前作に続いて出演している。

スタッフ

監督
英勉
脚本
保坂大輔杉原憲明
原作
鈴木光司
音楽
川井憲次

ストーリー

原因不明の突然死が多発し、新種のウィルスによるものか、テロなのか、捜査が行われる。臨床心理学を学ぶ大学院生の安藤楓子(瀧本美織)は、一緒に暮らす4歳の姪の周辺で起こる不可解な事件を調べるうちに、数年前に起きた呪いの動画事件に行きつく。しかし彼女らの身にも、呪いが降りかかろうとしていた……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: 8mm アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/10/28]

映画情報を49件更新しました。

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。