日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年5月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若い季節(1951)
ワカイキセツ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年07月20日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

製作は「少年期」の小倉武志、原作は富田常雄の東京新聞連載小説、脚色は「自由学校(1951 渋谷実)」の斎藤良輔、監督は「美しい暦(1951)」の原研吉、撮影は同じく森田俊保。出演者は「あゝ青春」の若原雅夫、「東京のお嬢さん」の鶴田浩二、「純白の夜」の津島恵子、「自由学校(1951 渋谷実)」の淡島千景などに、水原真知子、山路義人、森川まさみ、細川俊夫、伊沢一郎、文学座の龍岡晋などである。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
富田常雄
脚色
斎藤良輔
監督
原研吉
撮影
森田俊保
音楽
浜田辰雄
美術
加藤光男
特別出演
貝谷バレー団

ストーリー

フタバ洋裁店のデザイナー葉山道子はマダムの春子の弟で、新劇「光座」の俳優宇津木勇吉に好意を持っているが、マダムのパトロン矢野大陸との仲を疑ぐられて馘になる。この事で勇吉と将来を誓い合い、大和広研に入社、岸達夫の下で、働くようになる。一方勇吉は新しく入座した大陸の娘眞記子から好意を寄せられ、一緒に旅興行に出る。道子は、勇吉と眞記子の間柄を疑うようになるが、道子に好意を寄せる岸は、道子から悩みを打ち明けられ、書生時代から同居している矢野家の娘眞記子をたしなめると同時に、勇吉の真意をも問いただしてやる。にもかかわらず、勇吉は春子から道子が大陸の世話を受けているときいて黙って京都の興行に立ってしまう。道子はその勇吉を京都まで追って行った。失意の眞記子と達夫は、ようやくにして身近かに大切な相手のいたことに気がついてお互いに結ばれることになった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/05/22]

映画情報を53件更新しました。

[2019/04/26]

映画情報を22件更新しました。