日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年7月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

純白の夜
ジュンパクノヨル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年08月31日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
106分  

「白痴」の小出孝が製作に当たり、婦人公論掲載の三島由紀夫の原作から「わが家は楽し」の柳井隆雄と、「ザクザク娘」でやはり柳井と共同で脚本を書いた光畑碩郎が協力している。カメラは「白痴」の生方敏夫である。主なる出演者は「その人の名は言えない」の河津清三郎、「自由学校(1951 吉村公三郎)」(大映)の木暮実千代、「白痴」の森雅之、「虎の牙」の津島恵子、それに信欣三、村瀬幸子、高橋豊子、十朱久雄などである。

スタッフ

製作
小出孝
原作
三島由紀夫
脚色
柳井隆雄光畑碩郎
監督
大庭秀雄
撮影
生方敏夫
美術
浜田辰雄熊谷正雄
音楽
黛敏郎

ストーリー

村松恒彦と郁子は評判のドラクロアのデッサンを見に銀座のある画廊へ立ち寄ったとき、楠に出逢った。彼は恒彦とは学習院時代の友達であったが、何よりも初めて見る郁子の美貌にうたれた。それから楠は人妻である郁子に、あらわな恋情を示しはじめ、最初はそうした楠に反感を持っていた郁子も次第に彼にひかれ、そのアパートをたずねて接吻を許してしまった。その帰路郁子は恒彦の秘書沢田に見つかってしまい、それを種に、沢田は恒彦の留守の暴風雨の夜、郁子の心の虚につけ込んで彼女を自由にしてしまった。沢田はこれを破産の瀬戸ぎわにある楠に得々とつげた。楠は郁子を鎌倉へ誘い出し、もし真実自分を愛しているのなら、自分たちが今夜一緒に鎌倉の宿に泊まることを夫に電話でつげるようにというが、さすがに郁子はそれが出来なかった。楠はそういう郁子を軽蔑し、自分の欲しかったのは彼女の肉体ではなかったのだといって去った。郁子は楠とのはかない悲劇的な恋を胸に自殺し果てた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/08/04]

映画情報を100件更新しました。

[2020/07/27]

映画情報を62件更新しました。

[2020/06/23]

映画情報を14件更新しました。