日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

春怨
シュンエン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年04月21日 
製作会社
東横 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

製作はマキノ光雄、脚本を「エノケンの豪傑一代男」の井上金太郎と「お艶殺し」の依田義賢が書き、「ジルバの鉄」の小杉勇が監督に当たっている。主な出演者は、小杉勇に、「鉄の爪」の喜多川千鶴、「若い娘たち(1951)」の杉葉子に若山セツ子、「風にそよぐ葦 前編」「風にそよぐ葦 後編」の坪内美子、「君と行くアメリカ航路」の灰田勝彦などが出ている。

スタッフ

製作
マキノ光雄
企画
柳川武夫
脚本
井上金太郎依田義賢
監督
小杉勇
撮影
大塚新吉
美術
小池一美
音楽
古賀政男

ストーリー

吉例の都踊りが近づいて祇園は活気づいていた。待合園八の一人娘で舞子で出ているその子もその稽古にいそしんでいたが、母のお玉の旦那でその子の父になる有村が事業に失敗し、妻に死なれて、鏡子と春美の二人の娘を連れて園八へ同居することになった。姉娘の鏡子は青年実業家村越と結婚してさっさと家を出て行ったが、妹の春美はその子母娘を軽蔑しながら、我ままいっぱいにふるまっていた。その子は都踊りの出演をあきらめ、その費用で、春美のために洋裁店を買うことに同意するが、春美の勝手なふるまいに、さすがに腹をすえかねて、春美が実は有村の子供でなく、有村の妻と三味線の師匠錦屋との間に出来た不義の子であることをぶちまけてしまった。春美はその日から家出してしまった。お玉をはじめ、一家の者が行方を訪ねてまわったが、春美の消息はわからなかった。やがて都踊りの幕がきっておとされた。その初日、その子が舞台に出て幕の開くのを待っているとき、舞台の袖へ春美が姿を見せた。「済んだら家へ一緒に帰って今までのこと許して」という春美の言葉に、その子は眼に涙を浮かべてうなずきかえすのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。