日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

江戸恋双六
エドコイスゴロク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年12月28日 
製作会社
東映京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

企画は「唐人街の鬼」と同じ柳川武夫で、「月から来た男」の犬塚稔が山手樹一郎の原作から脚色、「あばれ神輿」の萩原遼が監督、同じく永塚一栄が撮影に当たっている。主演は「大江戸五人男」の市川右太衛門で、それに「女ごころ誰か知る」の關千惠子、「母人形」の河津清三郎を始め澤村國太郎、原健作、小沢栄、利根はる恵などが助演している。

スタッフ

企画
柳川武夫
原作
山手樹一郎
脚本
犬塚稔
監督
萩原遼
撮影
永塚一栄
美術
桂長四郎
音楽
山田栄一

ストーリー

江戸の海産物問屋平戸屋は主人が急死して後家の美乃が采配を握っていた。美乃はもと松平佐渡守の愛妾お香の方に仕えてた腰元で、お香の方に頼まれ、松平家のために二万両の金を用立てることになる。六番頭の島右衛門は美乃に想いをかけていたが、先代の義弟と称する鎌吉や浪人者の鶴木伸介が平戸屋に入りこんで来て、美乃の心は伸介に傾いてゆく。伸介はもと松平家の家臣で、美乃と相恋の仲だったのだ。そのうちに島右衛門と鎌吉が翁の面と称する怪人物につづいて殺され、三番目は伸介という脅迫状が来る。伸介の友人、同心の松本小六が岡っ引きの仙八とともに活躍、松平家から二万両を受取りに来た日に翁の面が下男の佐助だったことがわかり、殺人事件は解決、伸介と美乃は新しい生活にはいる。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。