日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年9月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

花嫁と乱入者
ハナヨメトランニュウシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年10月03日 
製作会社
東横京都 
配給会社
東横 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「生きている画像」「仮面舞踏会」の八田尚之のシナリオを「わが子ゆえに」につぐ小杉勇監督作品。「銀座カンカン娘」の灰田晴彦と「幽霊列車」の日高澄子のコンビに、「男の涙」「右門捕物帖 謎の八十八夜」の古川緑波、「平次八百八町」の花菱アチャコが助演する。その他「仮面舞踏会」の朝雲照代、カムバックした北見礼子が出演。キャメラは「どぶろくの辰(1949)」の伊佐山三郎担当。

スタッフ

製作
マキノ満男
企画
坪井与
脚色
八田尚之
監督
小杉勇
撮影
伊佐山三郎
録音
竹山大義
照明
加瀬久
音楽
灰田晴彦

ストーリー

サラリーマンの木村良介とタイピストの戸川絹子は、五年も前からの婚約の仲であったけれど、住宅難の為め一緒になれなかったが、良介が権利金なしで湯殿と電話つきの別館で家賃五百円という家があるという素晴らしい話を持って来てまず前祝いにと焼とりやで二人で理想のスイート・ホームの空想をしてみたが--さて当ってみるとその屋敷では戦争中に顔を怪我した令嬢のさびしさを慰める目的で別館を貸すので独身の男でなくてはとの条件附で、折角空想も空しく破れて二人は失望したが、ふと街頭で聞いた住宅クジの宣伝に引かれて、絹子が良介に内証に買った一枚が、なんと大当り住宅が二人の手に入った。二人は遂にスイート・ホームを得たが、入ったその日から豪雨で二人は雨もりで散々悩まされている時、突然この家を訪ずれたのは満州から引揚げて来た川上重剛だった。良介にとっては川上は大学まであげてくれた大恩人なので無遠慮な川上の振舞にもどうすることも出来なかった。二人は一策を案じ、なれ合いの夫婦げんかをやってみたが、川上には通ぜず返って絹子は姉の家に別居しなければならなくなった。川上は自分の友人前田会長の娘を良介の妻に世話すると良介と無理に見合をさせたが、今度は良介の一策でこの縁談は失敗に終った。二人は川上の追い出し策に手を焼いて途方に暮れている時、川上は突然前田会長の懇望で九州の炭坑へ行くことになり、良介をせがれのように思っている川上は前田から立派な住宅を良介のためもらってくれた。初めて川上の厚意を知った二人は感激して、いままでのことはみんなお芝居だったとわびる。川上は熱海の宿から電話で四海波静かの謡曲をうたうのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/09/30]

映画情報を46件更新しました。

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。