日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2019年8月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

バラ屋敷の惨劇
バラヤシキノサンゲキ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年04月01日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

日活京都、同多摩川を経て松竹京都に転じた田阪具隆門下の芦原正監督昇進第一回作品。脚本は「朗らか週間 十万円の夢」に次ぐ沢村勉の探偵劇。MSC所属となった轟夕起子、月丘夢路が主演する他、水島道太郎が「地獄の顔」に次いで主演。フリーの高田稔、大映の伊沢一郎がそれぞれ特別出演。

スタッフ

企画
石田清吉
脚本
沢村勉
監督
芦原正
撮影
鹿島正雄
照明
村田政雄
録音
服部満洲雄
美術
堀保治
特別出演
高田穩

ストーリー

キャバレーばら屋敷のマダム園田恵子にはかつて鮎川秀夫という愛人がいた。八年前のこと、彼は妹美代を恵子に託して出征したまま消息を絶っていた。恵子は父が莫大な借財を残してなくなり、その上美代や弟孝之の面倒をみるため、やむなく藤堂の甘言に乗って世話を受ける身となった。藤堂こそは鮎川たちの中隊長だった男である。たまたま現地で、鮎川は藤堂の悪事を目撃したため、脱走しなければならないような破目に陥ってしまった。こうして戦死したと思われていた鮎川が、病に蝕まれた身体を突然恵子のもとに現した。藤堂は、恵子が金を要求したことから、鮎川の帰ったことを悟り、旧悪の露見を恐れた。その上恵子がこの機会に藤堂と別れる気持でいることを感ずいて、巧妙なカラクリで恵子を絞殺してしまった。鮎川も病がこうじてついに死んだ。殺人事件はいやが上にも紛糾して、総ゆる関係者が容疑者にあげられるがやがて真相が明らかにされる。こうして孝三と美代との新生のスタートが始まった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2019/08/23]

映画情報を36件更新しました。

[2019/07/25]

映画情報を43件更新しました。