日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2020年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

飛ぶ唄
トブウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年06月20日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

菅英雄昇進第一回監督作品。

スタッフ

原作
金子洋文
脚色
丸根賛太郎
監督
菅英雄
監督指導
丸根賛太郎
撮影
石本秀雄川崎新太郎
作詞
サトウ・ハチロー
音楽
西梧郎
録音
海原幸夫奥村雅弘
特別出演
霧島昇鶴田六郎栗本尊子田端義夫

ストーリー

これは徳川初期の物語。遠山十四郎は徳川の封建制度を打倒すべく、同志と努力しましたがあえなくこれが失敗に帰すや、巷にあふれる人民の不平不満の声を唄に託して街々に流布致しました。時代に適合した遠山の唄はたちまち全国にはんらんします。驚いたのは政府当局で、ただちにだんあつの手段に出ましたが、いつの世も役人のスロモーは同じと見え仲々に飛ぶ唄には追いつけません。司法省の要職にある井村征蔵は部下の立川坤にこの飛ぶ唄を捕らえることを命じます。立川は思わぬ大命に俄然ハリキリます。そして唄うたいのおきん、次郎吉君等愛すべき人々が彼の手に捕らえられてゆきました。そして遂に唄の作者、遠山と出逢うことになりましたが、何と遠山も立川も、前には討幕運動参加の同志であったのです。ただ、幕府の瓦解後お互いの見解の相違から道を違えていたのですが、遠山の才を買っている立川は井村に彼を推選します。そしてともかく捕らえる者と、捕えらるべき者との会見が行われますが、所詮は水と油でとけ合うわけには参りません。まして芸者の小芳という女性を間にはさんでいる事を、愛する身の敏感さで、それとなく感じているお互いでは--。『遠山を捕縛せよ』との立川にはつらい命令が井村から出ます。仕方なく遠山を捕らえに出向きますが遠山はまんまと闇にまぐれて一目散。そして小芳のところへ逃げて来ましたが、立川に遠山をしばらせてしまえば、と虫の良い考えを起こした井村が、今や小芳を懸命に口説きにかかっているところでした。遠山に罵倒され井村は淑女の手前の面子もあり夢中になって斬りつけますが逆に斬られてしまいます。そして遠山はちょうどかけつけた立川に捕縛されてゆきますが、正当防衛を信ずる彼の心は明るいものです。そして彼の作った唄は相変わらず街から街へ民衆の間を飛んで行きます。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2020/02/26]

映画情報を50件更新しました。

[2020/01/29]

映画情報を48件更新しました。